広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

SNS普及率7割超え LINEが利用率・満足度首位

ICT総研は、2017年度のSNS利用動向に関する調査を実施した。対象者4196人中、8割以上が人とのつながりなどを目的にSNSや通話・メールアプリを利用していると回答。サービス別利用率はLINEが76.9%で最も多く、続くTwitterは41.2%、Facebook、Instagramはいずれも3割前後だった。

利用者満足度ではLINE、Instagramが並ぶ。スマホの普及に伴いInstagramを筆頭に各サービスが利用時間を延ばす一方、パソコンでの利用者が多いFacebookは延び悩んだ。SNS利用者数は、2017年中に338万人増え7216万人に達する(調査時見込み)。

※主要なSNS及び通話・メールアプリを対象とする(ゲーム系SNSは含まず)



※回答者(n=4196)のうち、各サービスを利用しているとした回答者による満足度 …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

「自己肯定感」10歳がピーク? 外見にも人との関りにも関心高く
SNS普及率7割超え LINEが利用率・満足度首位(この記事です)
ミレニアル世代のシェアサービス利用意向は6割超
女性の約6割が「質に不満」! 眠りに対する意識・行動に格差
デジタルネイティブ世代における勉強時のスマートフォン活用の実態
ミレニアル世代は客観的な評価よりも自分自身のグレードアップを求める
2018年のコミュニケーションへの期待 楽しさのカギは『直接の対話』
街中にあふれる屋外広告 その効果とは
化粧品情報収集とSNSの関連性とは

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する