広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

ミレニアル世代のシェアサービス利用意向は6割超

ジャパンネット銀行は、ミレニアル男女500人を対象に、シェアリング・エコノミーに対する意識・実態調査を実施した。「場所」に関するシェアサービスの利用意向は65%で、ほかのシェアサービスと比較して最も高く、なかでも「シェアハウス」の利用意向が高かった。また、「モノ」のシェアサービスでは「ファッションレンタルサービス」(45%)、「交通手段」のシェアサービスでは「カーシェアサービス(車のシェア)」(62%)がそれぞれ人気を集めた …

あと32%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

ミレニアル世代のシェアサービス利用意向は6割超 (この記事です)
女性の約6割が「質に不満」! 眠りに対する意識・行動に格差
デジタルネイティブ世代における勉強時のスマートフォン活用の実態
ミレニアル世代は客観的な評価よりも自分自身のグレードアップを求める
2018年のコミュニケーションへの期待 楽しさのカギは『直接の対話』
街中にあふれる屋外広告 その効果とは
化粧品情報収集とSNSの関連性とは
働く意欲のあるシニアは多数! 仕事が好きな人は約8割に
「ダイバーシティ」推進は約4割 人財の多様性が重要視される

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する