広告マーケティングの専門メディア

注目の広告業

正しい顧客プロファイルの把握が、マーケティング効果を高める

安藤嘉教(ティーリアムジャパン)

正しい顧客プロファイルの把握がマーケティング成果を高める

効果的なデジタルマーケティングを実行する上で欠かせない、タグマネジメント。ティーリアムは、そのツールベンダーとしてスタートしたテクノロジー企業だ。日本法人であるティーリアムジャパンは2015年10月に現体制となり、2017年9月現在、国内約30社にサービスを提供している。

タグマネジメント技術を基盤としながらも、現在目指しているのは「ユニバーサルデータハブ(UDH)」がもたらす価値の提供だと、カントリーマネージャーの安藤嘉教氏は話す。「UDHは、企業が取得しサイロ状態になった様々なデータソースをリアルタイムに統合できるプラットフォーム。企業内に散在するデータを統合し、いかに消費者の利益につなげていくかを念頭に置いて、サービスを設計している」。

さらに「企業のデジタルトランスフォーメーションの推進にあたってマーケターが直面している最も大きな課題は、シングルカスタマービューを描けていないことだ」と指摘する安藤氏。

「部門ごとに異なるツールを導入し、それぞれ顧客データを管理・活用している企業は少なくないが、それでは顧客のプロファイルを正確に把握できない。結果、適切なメッセージを送ることができず、企業にとっては機会損失、ユーザーにとっては体験価値の毀損につながる。UDHはフロントエンドで顧客一人ひとりをセグメントし、その場で適切なアクションを判断・実行できることが特徴だ」と話す。

売上などビジネス上の成果につながることはもちろん、消費者にも「欲しい情報がタイムリーに届く」というメリットを提供したい考えだ。

さらにUDHでは、匿名顧客に対するアプローチも重視している。Webサイトを訪れるユーザーの9割以上を占めるが企業が活用しきれていない匿名顧客のログデータを蓄積、データスティッチング技術を用いてユーザー像を浮かび上がらせ、適切なアプローチを行うことができるという ...

あと48%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

注目の広告業 の記事一覧

正しい顧客プロファイルの把握が、マーケティング効果を高める(この記事です)
広告枠を活用した販売支援を目指す、トライステージの次なる事業開発
新会社設立から1年、電通デジタル・鈴木社長に聞く
デジタル領域の強みを生かしてデータをビジネスチャンスに変える
開発・運営・分析を一括提供 アプリで企業のマーケティングを支援
リアルの世界も含めてマーケティングを見える化したい

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する