広告マーケティングの専門メディア

成果を出せる 最強チームのつくりかた

世界一を標榜できるマーケティングチームを目指す

RIZAP

2012年2月に第1号店をオープンしたパーソナルトレーニングジム「RIZAP(ライザップ)」は、急速に店舗数を拡大し成長を続けている。その「RIZAP」の冠がつくブランド・サービスのマーケティングを統括しているのが、10名のメディアマーケティングユニットだ。

RIZAP メディアマーケティングユニット ユニット長 広報・PR 渡辺華子氏

「私はムリ」な人のニーズを喚起

という理念を掲げ、パーソナルトレーナーの質にこだわり、顧客の理想の体型を全力でサポートするサービスを展開している。具体的には、個別に組んだトレーニングプログラムと、除脂肪体重に着目した食事指導によって、徹底したパーソナルサポートを行っている。

「RIZAP」のマーケティング活動で特に思い浮かぶのが、「RIZAP」体験者の「ビフォー」「アフター」の姿を披露するテレビCMだろう。このCMには一般の体験者だけではなく、SMAPの香取慎吾さん、生島ヒロシさん、赤井英和さんなど著名人も次々登場。2015年に放映した「つぎつぎと!イキイキと!」篇は、CM総合研究所が発表した2015年CM好感度ランキングで「消費者を動かしたCM展開特別賞」を受賞し、年間総合で好感度3位を獲得した。2016年に入ってからは、AKB48の峯岸みなみさん、経済評論家の森永卓郎さんを起用し、その変貌ぶりが大きな話題となった。

同社メディアマーケティングユニット・ユニット長の渡辺華子氏は話す。「私たちのチームで最も大事にしていることは、RIZAPが世の中の人々に安心してご利用いただけ、かつ確実に結果が出せるサービスであることをどう伝えるかです。世の中から必要とされ、愛されていくために突き詰めたマーケティング活動をしていきたいと思っています。実際にRIZAPで目標を達成し、心から喜んでくださる数々の瞬間を目にしてきました。ゲストの満足感、達成感、予想を上回る感動をRIZAPのサービスを知らない方々にどう伝えていけるか、チームのみんながいつも念頭に置いていることです」。

RIZAPのサービスでダイエットに成功すると ...

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

成果を出せる 最強チームのつくりかた の記事一覧

異業種の4社がタッグ 新ブランド立ち上げを追う
アンケートから読む、外部パートナーに求める要素
世界一を標榜できるマーケティングチームを目指す(この記事です)
新たな100年に向けたヤンマーのブランディグ戦略
急成長のITベンチャー、メルカリのマーケティングチームとは?
キリンの宣伝部門が取り組む「専門性」を高め組織改編
デジタルマーケティングの最先端企業へ、KDDIが目指すビジョン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する