広告マーケティングの専門メディア

日本企業とブランドマネジメントの今

女子高校生と商品開発も!発売40周年「モンチッチ」ブランドの新機軸

セキグチ「モンチッチ」

1974年にセキグチから発売された「モンチッチ」が2014年、40周年を迎える。海外でも愛され続ける存在となり、累計販売数は7000万個を突破した。近年は派生商品も増え、キャラクターをブランド化する取り組みに力を入れている。

40周年イヤーの象徴となる、「40thアニバーサリーLOVEモンチッチ」。

販売休止を経ても「看板商品」

1918年に創業、ぬいぐるみ・人形を製造するセキグチの本社(東京・葛飾)では週に1回、「モンチッチミーティング」と呼ばれる会議が開かれている。参加メンバーは社長を筆頭に、モンチッチの開発・企画担当者、海外部門のスタッフ、販売を統括するプロパティマネージャー、そしてプロモーションやライセンス管理などマーケティング全般を担う幡野友紀さんだ。2014年に発売40周年を迎える「モンチッチ」だが、発売翌年にあたる1975年からオーストリアを皮切りに世界各国での販売を開始した。現在も社員数36人で、国内と海外の市場を切り盛りしている。

「40周年を迎えるにあたり社内からアイデアを公募するなど、全社員の心の中にモンチッチへの強い思い入れがある」と幡野さん。自身もキャラクター雑貨を扱う小売店の本部から2004年に転職して以来、社内唯一のマーケティング担当として「モンチッチ」を大切に育ててきた。

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

日本企業とブランドマネジメントの今 の記事一覧

女子高校生と商品開発も!発売40周年「モンチッチ」ブランドの新機軸(この記事です)
福祉用品をブランド化、グッドデザイン賞も受賞した「頭部保護帽」を開発
外資系化粧品メーカーも採用。熊野の化粧筆をブランド化するには?
塩こんぶ売上が二桁成長、立役者は「塩こん部長」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する