日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

メディア研究室訪問

文化現象を考察「問い」を立て「解」の根拠となる調査を 神奈川大 笠間ゼミ

神奈川大学 人間科学部 人間科学科 笠間千浪ゼミ

メディア研究などを行っている大学のゼミを訪問するこのコーナー。今回は神奈川大学の笠間千浪ゼミです。

笠間ゼミのメンバー

DATA
設立 2007年
学生数 専門ゼミナールⅠ~卒業研究まで24名(2023年度)
OG/OBの主な就職先 番組制作会社、広告会社、リゾートホテル・グループ、家電メーカー、IT系企業、公務員、大学院進学など

神奈川大学人間科学部は、人間科学科という1つの学科で成り立っている。3つの軸となる「こころ」「からだ」「社会」それぞれの専門分野を通して、人間社会を総合的ないし複合的に思考できる能力を養う。「心理発達」「スポーツ健康」「人間社会」の3コース制で、専門分野科目も学生の興味に従って履修が可能。2年次からコースに分かれるが、コースの垣根を越え横断的に学ぶことができる。

人間科学部の学生には「専門ゼミナール」の科目が必須。テーマに関して幅広く基礎的な知識を学ぶ「ゼミナールⅠ(2年生)」と、その知識を活かし、各自がより専門的に学ぶ「ゼミナールⅡ(3年生)」があり、この2年間は、原則、同じ教員のもとで、関心のあるテーマを研究することになる。

ジェンダー視点を重視

笠間千浪教授が担当するゼミナールⅠ・Ⅱでは、「ジェンダー視点」を重視しながら、消費社会における「文化現象」を読み解くことをテーマとしている。いわゆるポピュラーカルチャーやサブカルチャー、若者を中心としたストリート文化などは、その研究領域であり、ゼミではこれらを多様な価値観や社会的な力学・権力が交錯する「場」と捉え、社会学的な考察を行っている。

ゼミⅠでは、学生は、主に文化社会学、またはカルチュラル・スタディーズ(文化を語ることにより社会を分析するための学術的方法論の総称)など、共通文献の 輪読を通して基礎的な学修を行い、後期は、個人テーマで報告を行う。ゼミⅡでは、前期に卒論の仮テーマの“問い”と“解”を決定し、卒論の書き方についてレクチャーを受ける...

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

メディア研究室訪問 の記事一覧

文化現象を考察「問い」を立て「解」の根拠となる調査を 神奈川大 笠間ゼミ(この記事です)
ビジネスシーンにおけるICT利用 その社会的影響を考察する~愛媛大学 折戸洋子ゼミ
社会を良くする「真のテーマ」を見出しドキュメンタリー作品を制作する~広島経済大学 山田哲敬ゼミ
課題を解決する手段として情報の“かたち”をデザインするー宮崎公立大学 森部陽一郎ゼミ
メディアが形づくる社会システムを解き明かす、埼玉大 内木ゼミ
地域や社会の課題を捉えデザインの力で新たな解決策を生み出す、愛知淑徳大学 宮田雅子ゼミ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する