日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

賛否分かれた五輪、スポンサーの葛藤とこれからのコミュニケーション

エアウィーヴ「段ボールベッド」SNSでの説明がさらなる注目を呼ぶ

エアウィーヴ

選手村に導入された寝具一式。フレーム部分は段ボールでできており、大会後は紙製品に再生利用される。その耐久性に世界から注目が集まった。

    契約カテゴリー:寝具

    回答者:PR室 潮見 萌

Q1 コロナ禍で注力した/反響のあった活動について

賛否両論の中で、弊社としても対応に悩みました。弊社では、CMなどの宣伝色が強いものは極力おさえ、アスリートサポートに注力し、その活動を一つひとつ丁寧に伝えていく方針を取りました。

活動の中心は、選手村への寝具導入(オリンピック時1万8000床、パラリンピック時8000床)ですが、私たちが目指したのは寝具を選手の体形にあわせてカスタマイズすることで、そのために選手村内に専用のブースを設け一人ひとり体形測定を行いました。

思わぬ注目が集まったのは段ボールベッドです。これまでのアスリートサポートの経験と実績をすべて注ぎ込んでつくられたこのベッドが一体どういうものなのか、SNSを通してできるだけ分かりやすく丁寧に伝えることに注力しました。

そうした地道な広報活動が国内外のメディアの目にとまり、「CNN」をはじめとした海外メディアからも問い合わせをいただき、海外への周知にもつながりました。

新型コロナウイルスの影響で出場選手の行動が制限されたことで、逆に選手自身が選手村の様子を...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

賛否分かれた五輪、スポンサーの葛藤とこれからのコミュニケーション の記事一覧

ヤマト、全国の小中学生から応援メッセージ 選手からもリアクション
東京ガス、自社用地に共生社会を体現する施設を誘致
アシックス、コロナ禍で新しい応援の形を提案
エアウィーヴ「段ボールベッド」SNSでの説明がさらなる注目を呼ぶ(この記事です)
変わらないスポーツの力 アスリートの頑張りで社内にも活気
サポート以上の価値をつくれるかは自社次第、EFのスポンサーシップ
東京海上日動、理念を社会に伝える機会に(東京2020特別企画)
無観客で中止の東京2020大会ツアー お客さまに寄り添う贈り物に反響

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する