日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

賛否分かれた五輪、スポンサーの葛藤とこれからのコミュニケーション

サポート以上の価値をつくれるかは自社次第、EFのスポンサーシップ

イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン

友好の印として、オリンピック委員会やスポンサー企業などがつくったピンを交換する「ピントレーディング」。同社では会場に集わなくても実施できるよう、アイデアなどを発信した。

    契約カテゴリー:語学トレーニング

    回答者:マーケティングマネージャー 伊丹麻衣子

Q1 コロナ禍で注力した/反響のあった活動について

大会の価値を英語で学ぶ講座を各学校で講師派遣の形で実施しました。学校参加スタイルが変更になったことにより、対面では限りのある生徒とのかかわりがオンラインという形に変更になり、地理的な限定なく、広がりができました。

また、反響があったのがピントレーディングです。弊社所属の米国ゴールドメダル保持者が説明した「裏のオリンピック...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

賛否分かれた五輪、スポンサーの葛藤とこれからのコミュニケーション の記事一覧

ヤマト、全国の小中学生から応援メッセージ 選手からもリアクション
東京ガス、自社用地に共生社会を体現する施設を誘致
アシックス、コロナ禍で新しい応援の形を提案
エアウィーヴ「段ボールベッド」SNSでの説明がさらなる注目を呼ぶ
変わらないスポーツの力 アスリートの頑張りで社内にも活気
サポート以上の価値をつくれるかは自社次第、EFのスポンサーシップ(この記事です)
東京海上日動、理念を社会に伝える機会に(東京2020特別企画)
無観客で中止の東京2020大会ツアー お客さまに寄り添う贈り物に反響

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する