日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

賛否分かれた五輪、スポンサーの葛藤とこれからのコミュニケーション

変わらないスポーツの力 アスリートの頑張りで社内にも活気

みずほフィナンシャルグループ

『行け、阿部一二三篇』で描かれたのはこれまでの苦悩や軌跡。本大会で見事金メダルを獲得し、まさに「Jump!」のメッセージを体現することとなった。7月25日、阿部選手の勝利インタビュー直後に当CMが流れた際には、「インタビューからの流れ、金メダルまで簡単じゃなかった思いが伝わって胸が熱くなった」と社内外から大きな反響があったという。

    契約カテゴリー:銀行

    回答者:東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会PT 風間佑里子

Q1 コロナ禍で注力した/反響のあった活動について

今回一番注力し、かつ反響のあった取り組みは、7月14日から公開した、計3本の新企業CMです。今回の大会をどのような状況下で迎えるのか、まったく分からない中で企画・制作を行ってきました。それでも、ひとつ確かだったことは「スポーツには、人を強くする力がある」ということです。

決して明るいニュースばかりではなくても、アスリートの姿・スポーツの力に夢と希望をもらっている人がきっとどこかにいる。そして、それがこのような環境下だからこそ...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

賛否分かれた五輪、スポンサーの葛藤とこれからのコミュニケーション の記事一覧

ヤマト、全国の小中学生から応援メッセージ 選手からもリアクション
東京ガス、自社用地に共生社会を体現する施設を誘致
アシックス、コロナ禍で新しい応援の形を提案
エアウィーヴ「段ボールベッド」SNSでの説明がさらなる注目を呼ぶ
変わらないスポーツの力 アスリートの頑張りで社内にも活気(この記事です)
サポート以上の価値をつくれるかは自社次第、EFのスポンサーシップ
東京海上日動、理念を社会に伝える機会に(東京2020特別企画)
無観客で中止の東京2020大会ツアー お客さまに寄り添う贈り物に反響

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する