日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

匿名記者が明かす残念な広報対応

情報取材はお断り? ベテランライターが呆れた、記事化に必死な残念広報

フリーライター Tさん(男性)

記者と広報は、なぜすれ違う?第一線で活躍するメディアの記者に本音で語ってもらいました。

フリーライター Tさん(男性)

IT・通信・モバイル業界やガジェット・ツール系など幅広く取材しているライター。今回の原稿執筆は、とある企業のパーティーで編集部と知り合ったのがきっかけ。この原稿だけ読むとイラッとしやすい人に見えるかもしれませんが、普段は人当たりが穏やかだとよく言われます。

多くの媒体で執筆しているフリーライターにとって、PR会社や広報の対応で最もイラッとするのが、企業の発表会やイベントなどの受付で名刺を渡した際、「失礼ですが媒体名を教えていただけますか?」と聞かれること。広報側からしてみれば、イベント参加者の媒体を確認することは当たり前のように思われるかもしれませんが、フリーライターからしてみれば、その対応は非常に不快で、失礼だと感じるものなのです。

執筆媒体が「未定」の取材はダメ?

私はかつて、このような経験をしたことがあります。ある日、取材などで何度か付き合いがあった、とあるインターネットサービス会社の広報さんから「弊社で今度、新サービスの発表イベントを開くのでぜひ来てほしい」という連絡がありました。有名な芸能人を呼ぶなど、かなり力を入れた大規模な発表会であったことから、多くのメディア関係者を招待していたようで、以前付き合いのあった私にもお声がかかったようです。

ちょうどスケジュールが空いていたことから、「参加します」と答えたところ、広報さんから「PR会社の方に参加申し込みのメールをしておいてほしい」と言われました。そこでPR会社の方に改めて参加申し込みのメールを送ったのですが、特にイベントの記事を執筆する予定はなかったので、媒体名に「未定」と書いて申し込みました。すると何時間か後にそのPR会社から電話があり、「媒体が未定なのに参加するとは …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

匿名記者が明かす残念な広報対応 の記事一覧

情報取材はお断り? ベテランライターが呆れた、記事化に必死な残念広報(この記事です)
「技術は分からない」と公言する広報、いる意味あるの?ベテランIT系記者の嘆き
「大名行列のような会見はやめて!」記者クラブの切実な嘆き
「タイアップじゃないのに取材先から大量の赤字が……」女性誌編集部のあるあるお悩み
「美人広報として取材してください!」ウェブ編集者が驚いた、自分推しという広報スタイル
記者を「指名」したがる広報のエゴ 長年の信頼関係が崩れた1本の電話

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する