販売促進の専門メディア

           

常連になりたくなる まちの愛され店舗探訪

70年間変わらない下北沢の老舗 はかり売りで商う名物せんべい店

下北沢 玉井屋

1952年から同地で営業
芝居の街で差し入れに利用
インバウンドにも人気

1952年以来、ずっと変わらない店頭風景。陳列箱の中のせんべいやおかきはどんどん売れて少なくなっていく。取材日にはその後、近くの工場から職人さんが焼き上がりを運んで足していった。

小田急線の下北沢駅ほど、この10数年で様変わりした駅周辺は少ないかもしれない。しかし駅から徒歩3分、昔から一切変わらないたたずまいを保つのがせんべい店の「玉井屋」だ。店頭には四角い大きな陳列箱が多数並び、1枚ずつ購入できるおせんべいやおかきが種類ごとに入る。その上に置かれた円形の「地球瓶」と呼ばれる丸い容器にも、小袋やグラムではかり売りする各商品が詰まる。「『地球瓶』は店ができた時に買ったものです。今はもうどこにも代わりはないのでは……」と店主の木村博子さんは話す。

店は元々2023年2月に亡くなった博子さんの夫の叔父が1913年に本所で開業。亡夫の母も同業で、関東大震災の後、静岡県の三島に移り、1952年に下北沢に移転してきたという。博子さんは神田神保町の製本屋の娘。見合いで夫と出会い、1977年に下北沢に嫁いできた。「古本屋しか目立たなかった神保町と比べ、新しい店が開店すればチンドン屋さんが来るなど、賑やかな街に来たなと思いました」と話す。

下北沢駅前には戦後直後から続く小売店の集まるマーケットが2017年まで続いていたが、今はない。店の前を走っていた小田急線も現在は地下に潜り、空き地が広がる。「うちの店も、ここから歩いて3分の工場も借地ですが、とにかく古いので何とか続けさせてもらってます」と言う。

開店は午前10時。シャッターを開けたら工場で早朝からせんべいを焼いているふたりの職人さんの食事をつくる。共に80代と70代とのこと。

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

常連になりたくなる まちの愛され店舗探訪 の記事一覧

70年間変わらない下北沢の老舗 はかり売りで商う名物せんべい店(この記事です)
創業以来90年続く米穀店時代の流れとニーズを捉え販路拡大
築90年の銭湯を引き継いだカフェ最も重視している販促策とは
自由に試食、サブスクを展開するチョコ専門店山手通り沿いの店舗ではワークショップも開催
開館1年、「Stranger」が目指す “ギャラリー型”の映画館とは
子どもの本とオーガニックの専門店として47年 表参道から移転しても変わらない顧客の支持

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する