販売促進の専門メディア

U35若手販促キーパーソン

仕入れだけでなく、売り場づくりまで任されるのが面白い

横田佳祐氏(MEGAドン・キホーテ立川店 フード・リカー 生鮮フレッシュミート責任者)

販売・接客の現場で活躍する、35歳以下のキーパーソンたちに迫る本企画。これからの時代を担う彼ら・彼女らは、いまどんな思いを抱いて仕事に向き合っているのか。今回は「MEGAドン・キホーテ立川店」の横田佳祐氏(27歳)だ

MEGAドン・キホーテ立川店
フード・リカー 生鮮フレッシュミート責任者
MDプランナー・生鮮専門職エキスパート
横田佳祐(よこた・けいすけ)さん

2017年3月にドン・キホーテ入社。生鮮食品の精肉売り場に配属となる。2018年1月から、同売り場の責任者として従事。

高卒後から精肉一筋 いくらで、どう訴求するか

ディスカウントストア「ドン・キホーテ」などを展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス。現在国内に654店舗を展開している。そのなかで、生鮮食品や日用消耗品をはじめ、家電製品や衣料品などの品揃えを強化した「ファミリー型総合ディスカウントストア」の業態をとるのが、「MEGAドン・キホーテ」だ。メインターゲットはファミリー層。今回取材した横田佳祐氏(27歳)が働くのは、その立川店(東京・立川)の生鮮食品売り場の精肉部門だ。

「高校生のころにコンビニエンスストアでアルバイトをし、接客業の楽しさを知りました。父が高校時代に宮城県で板前のアルバイトをしていたり、祖父の趣味が魚釣りだったりということから、自然と生鮮食品に興味を持ちました」

高校卒業後はとあるスーパーに就職、精肉部門に配属。鮮魚部門を希望しなかったのは、「その厳しさも知ってしまっていたからです」と、横田氏は笑う。

その後、ドン・キホーテで働いていた知人から、「いろいろな仕事に挑戦できる」と紹介されたことをきっかけに、2017年3月に入社。「MEGAドン・キホーテ立川店」に配属され、2018年1月から精肉部門の責任者として働いている。

「仕事内容は、精肉の仕入れから売り場づくりまで多岐にわたります。本部の担当者と連携をしたり、メーカーさまと直接商談したりする機会もあります。ドン・キホーテは、商品の仕入れを店舗ごとに行うので、担当者の裁量が大きいのが特徴です。精肉の仕事というと裏方のイメージがあるかもしれませんが、ドン・キホーテでは仕入れだけでなく、売り場づくりまで任されるのが面白い点。どの品を仕入れ、いくらで、お客さまにどのように訴求するか、といったところまで考えられるのが、ドン・キホーテならではの仕事の楽しさだと思います」

こう話すとおり、横田氏は売り場づくりに余念がない。他店で買い物をする際にも、無意識に売り場や訴求方法に目が向いてしまうという …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

U35若手販促キーパーソン の記事一覧

仕入れだけでなく、売り場づくりまで任されるのが面白い(この記事です)
入社2カ月で異例の店長就任「目指すは外食産業の価値向上」
運転好きが高じてタクシー乗務員に 業界の未来見据え、接客の質を追求
「コジマ×ビックカメラ」日本屈指の旗艦店 店長代理の使命感
限られた時間でもスタッフのやる気を高める 「柔軟な」マネジメント
「物販」苦手から接客日本一へ 対話を生む誠実な接客

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する