販売促進の専門メディア

U35若手販促キーパーソン

入社2カ月で異例の店長就任「目指すは外食産業の価値向上」

竹田竣祐さん(鳥貴族)

販売・接客の現場で活躍する、35歳以下のキーパーソンたちに迫る本企画。これからの時代を担う彼ら・彼女らは、いまどんな思いを抱いて仕事に向き合っているのか。今回は鳥貴族 池袋南口店の店長、竹田竣祐さん(27歳)だ。

鳥貴族 池袋南口店 店長
竹田竣祐(たけだ・しゅんすけ)さん

2012年5月、「鳥貴族 渋谷井の頭通り店」にアルバイト入社。2015年12月からは「同 大宮南銀店」に所属。16年4月より新店立ち上げチームのアルバイトスタッフ育成担当として、30店舗ほどに関わる。18年4月から新入社員として「同 池袋サンシャイン通り店」へ。その後同6月より現職。

大学1年生から鳥貴族で「バイト漬け」

鳥貴族(大阪市)は、2019年10月末時点で関東・東海・関西地域に659店舗を展開する居酒屋チェーンだ。全品298円(税抜)均一という手頃な価格帯で、主に20歳代~30歳代に人気を博している。

竹田竣祐さん(27歳)は、鳥貴族の「池袋南口店」の店長だ。大学1年生だった2012年5月、「鳥貴族 渋谷井の頭通り店」にアルバイトとして入社した。

「東京の大学へ入学したのを機に始めました。するとアルバイトが楽しくなってしまって。大学ではサークルには入らず、バイト漬けの毎日を送っていました。しかし、お恥ずかしながらバイトに熱中したあまり、学業をおろそかにしてしまい…」と苦笑する。

その後、卒業に必要な単位を取るのに余裕ができたこともあって、就職活動に力を注いだ。当時は、自分が楽しさを見出している接客業を中心に見てまわり、なかでも興味のあったブライダルの道を志すことに。

鳥貴族のバイトは一旦やめ、ブライダル業で約半年間、バイトを経験した。ブライダルでの主役はあくまで新郎新婦。そこでの仕事は、式の成功を陰から支えることだった。

「結婚式という二つと同じもののない場に立ち会える喜びはあります。一方、新郎新婦やゲストという主役と、裏方である我々スタッフの間に明確な線を感じてもいました」 …

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

U35若手販促キーパーソン の記事一覧

入社2カ月で異例の店長就任「目指すは外食産業の価値向上」(この記事です)
運転好きが高じてタクシー乗務員に 業界の未来見据え、接客の質を追求
「コジマ×ビックカメラ」日本屈指の旗艦店 店長代理の使命感
限られた時間でもスタッフのやる気を高める 「柔軟な」マネジメント
「物販」苦手から接客日本一へ 対話を生む誠実な接客

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する