販売促進の専門メディア

U35若手販促キーパーソン

限られた時間でもスタッフのやる気を高める 「柔軟な」マネジメント

三橋沙紀さん(「GLOBAL WORK」ルミネ北千住店 店長)

販売・接客の現場で活躍する、35歳以下のキーパーソンたちに迫る本企画。これからの時代を担う彼ら・彼女らは、いまどんな思いを抱いて仕事に向き合っているのか。今回は、アダストリアが展開するアパレルブランド「GLOBAL WORK(グローバルワーク)」ルミネ北千住店の店長、三橋沙紀さん(29歳)だ。

「GLOBAL WORK」 ルミネ北千住店 店長
三橋沙紀(みつはし・さき)さん

神田外国語大学卒業の後、2012年に新卒でアダストリア入社。「GLOBAL WORKステラタウン店」(さいたま市)の配属となる。以降一貫して同ブランドを担当。14年イオンモール羽生店に異動、15年モラージュ菖蒲店の店長に。17年ステラタウン店店長を経て、18年9月より現職。17年と18年は、三ツ井不動産主催の接客コンテスト「三井不動産接客ロールプレイングコンテスト」全国大会で審査員特別賞を受賞。

「今日のMVP」でスタッフのやる気を維持

ファミリー向けのアパレルブランド「GLOBAL WORK(グローバルワーク)」は国内に213店舗を展開する(2019年2月末時点)。アパレルの製造・販売を手がけるアダストリアの主力ブランドの一つだ。「GLOBAL WORK」ルミネ北千住店の店長、三橋沙紀さん(29)は2012年、同社に新卒で入社した。

「大学生のころは、100人以上が所属するダンスサークルで、衣装長と振付師を担当していました。年に2回、舞台の演出から衣装、振り付け、音響などをすべて自分たちで手がける大規模な公演をしていたため、関係各所との連携が必須でした。そんな中で人とかかわることに面白さを感じ、就職活動ではサービス業界を志望していました」

ブライダル業界など、さまざまなサービス業の中で、アダストリアに入社を決めたのは、「アダストリアのブランドの服が好きでよく着ていたこと、面接が進む中で社員と雰囲気に惹かれたため」だった。

入社3年めには、「GLOBAL WORK」に配属されたほかの同期社員よりいち早く、モラージュ菖蒲店の店長に就いた。その後ステラタウン店の店長を経て、現職に至る。

29歳にして店長経験5年という経歴を持つ三橋さんは、スタッフのモチベーションを維持するしくみづくりにも積極的だ。

「『GLOBAL WORK』には学生のアルバイトスタッフも多く在籍しています。中には学業のため週に2日しか出勤できない学生もいます。そんなスタッフたちにも、自分がお店に貢献しているのだとやりがいを感じてもらいたいんです」

たとえば、毎日行っているのは、「今日のMVPスタッフ」の掲示だ。スタッフの名前を書いた大きな紙をバックヤードに貼り出しており、各人にとってその日のMVPだと思う名前の欄に、理由を書いたふせんを貼る。

「『認められる』『褒められる』場をつくるためというのはもちろん、スタッフ同士の関係の構築にも役立っています。始めて約半年経ちましたが、スタッフ同士の連携がスムーズになり、接客の質も上がったように感じています」 …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

U35若手販促キーパーソン の記事一覧

限られた時間でもスタッフのやる気を高める 「柔軟な」マネジメント(この記事です)
「物販」苦手から接客日本一へ 対話を生む誠実な接客
相手のニーズに合わせた提案は対面接客ならではの価値

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する