販売促進の専門メディア

U35若手販促キーパーソン

「物販」苦手から接客日本一へ 対話を生む誠実な接客

椛澤翔さん「SHIPS」銀座店

販売・接客の現場で活躍する、35歳以下のキーパーソンに迫る本企画。──だが、今回はルールを曲げて「特別編」。2018年1月に「接客日本一」の称号を手にした「SHIPS 銀座店」の副店長、椛澤翔さん(37)に話を聞いた。

銀座店 副店長 兼 販売教育課
椛澤 翔(かばさわ・しょう)さん

2011年2月SHIPSにアルバイト入社。池袋店、有楽町店、たまプラーザ店を経て、現在はSHIPS銀座店に在籍。2018年度SC接客ロールプレイングコンテストにおいて大賞及び経済産業大臣賞を受賞。同コンテストにてSC接客マイスター1級を獲得。これまでの経験を生かして人材育成とお客さま満足のため、さらなる接客力向上に努める。

「最初は苦手だった」「接客日本一」までの道のり

2018年1月に開催された「第23回SC接客ロールプレイングコンテスト全国大会」(主催=日本ショッピングセンター協会)で、「大賞(第1位)及び経済産業大臣賞」を獲得した販売員が、セレクトショップ「SHIPS」の銀座店にいる。

椛澤翔さん、37歳。同店の副店長兼販売管理部に所属し、店頭に立ちながら後輩の育成に尽力している。

年に1回開催される「SC接客ロールプレイングコンテスト全国大会」は、日本全国のショッピングセンター(SC)ごとのコンテストを経て、支部大会を勝ち抜いた人のみが参加できる大会だ。支部大会の時点で約1000人が参加し、のべ参加者数は、数万人に上るという。

その中で、2017年度の「SC接客日本一」の称号を受けた椛澤さんが、本格的にコンテストでの優勝を目指し始めたのは2016年からだった。元々は「物販が苦手だった」と椛澤さんは話す。

椛澤さんは福島県出身。美容院を営む父親のもと、高校卒業後は上京し、自然と美容の専門学校に進んだ。その後は銀座で美容師のアシスタントを務めたのち、ジーンズを取り扱うアパレル店で働いた。

販売が好きで、美容の道から販売の道へ移ったかと思いきや、「美容院でシャンプーやヘアケア用品をお客さまにお勧めする『物販』がとにかく苦手で。美容師を辞め、いくつか派遣などの仕事もするなかで偶然始めたのが、ジーンズを扱うアパレルブランドでのアルバイトでした。そのころは、自分が販売の道に進むなんて思いもしませんでした」と、当時を振り返る。

顧客とのコミュニケーションも、最初はうまくいかなかった。

「美容院ではお客さまと接する時間が長いので、じっくりお話しできたのですが、アパレル業界では限られた時間でコミュニケーションを取り、売り上げに結び付ける必要があります。そうなった時に、お客さまとの会話が続かなかったんです。それがくやしくて、少しずつ勉強するようになったのが、接客に興味を持ったきっかけです」

当時働いていた店舗では空き時間も多かったため、接客のロールプレイングを重ねた。「その経験が、自分の販売員としての原点かもしれません」と椛澤さんは話す。その後、同店では店長やバイヤー、マーチャンダイザーなどを担当 …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

U35若手販促キーパーソン の記事一覧

「物販」苦手から接客日本一へ 対話を生む誠実な接客(この記事です)
相手のニーズに合わせた提案は対面接客ならではの価値

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する