販売促進の専門メディア

           

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想

VRでマネタイズ、体験を購買へ

上路健介氏(ジョリーグッド 代表取締役 CEO)

B2B領域でVR(仮想現実)事業を展開するジョリーグッドは、地方のテレビ局が、VRコンテンツを制作・配信するためのシステムで成長。新サービスを続々と開発し、プロモーションからEコマース、人材育成まで、VRの利用シーンを広げている。

VRで現場を再現。たとえば工事現場では、危険な箇所を360度映像にして、安全教育に使うこともできる

「GuruVR TO GO」は、ユーザーにVR体験をスマートフォンで持ち帰ってもらい、購買や店舗来店につなげる

いま、観光地の魅力を疑似体験できるVR(仮想現実)コンテンツが続々と生まれている。地方のテレビ局がVRのアプリを制作・提供することも多くなっているが、そうしたメディア企業向けにVRビジネスを展開しているのが、ジョリーグッドだ。同社のCEO、上路健介氏は、もともと地方のテレビ局で番組制作や新サービス開発を経験。2014年5月にジョリーグッドを立ち上げた。

ジョリーグッドが提供しているのは、VRコンテンツの制作から配信までを一貫して手がけるソリューション「GuruVR Media Pro」だ。現在、VR事業を展開しているテレビ局の約9割が、ジョリーグッドのシステムを利用しているという …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想 の記事一覧

VRでマネタイズ、体験を購買へ(この記事です)
訪日客の5%、「菜食市場」の商機
イノベーティブな北欧文化を発信
目指すは「IT時代の三河屋」 データ活用で野菜を配達
決済の進化で「ヒモのゆるい財布」をつかめ
ネットからリアルイベント、動画配信へ展開

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する