販売促進の専門メディア

           

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想

訪日客の5%、「菜食市場」の商機

フレンバシー 代表取締役 播 太樹氏

訪日外国人観光客の増加により、食の多様性への対応が事業者に求められている。日本ではなじみが薄いベジタリアンやビーガンの食事はこれまでほとんど見過ごされてきたが、そこには数百億円規模の市場が広がっている。

「大豆ミートを使った唐揚げ」など、手軽に作れる人気ビーガン料理もある

「Vegewel」はベジタリアン・グルテンフリー・アレルギーなど「食の制限」に特化した多言語レストラン検索サイト

訪日外国人観光客の総消費額は、2017年に前年比17.8%増の4兆4161億円に達し、そのうち飲食費は8857億円を占める。しかし、食に関する市場はまだ伸びる可能性を秘めている。肉・魚介を食べないベジタリアンや、動物由来の食材を一切とらないビーガンへの対応が、日本ではほとんど手付かずだからだ …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想 の記事一覧

訪日客の5%、「菜食市場」の商機(この記事です)
イノベーティブな北欧文化を発信
目指すは「IT時代の三河屋」 データ活用で野菜を配達
決済の進化で「ヒモのゆるい財布」をつかめ
ネットからリアルイベント、動画配信へ展開
高品質食品を幅広い立地で提供 食を豊かに、人生を豊かに

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する