販売促進の専門メディア

Topics Recap

らでぃっしゅぼーやを買収、オイシックスドット大地ほか2月のトピックスまとめ(01)

広告界の動向、ビジネスニュース、販売促進に関する新製品、新サービス、イベントなどの最新情報をコンパクトにお届けします。

【食品宅配】
らでぃっしゅぼーやを買収、オイシックスドット大地 NTTドコモと業務提携も

オイシックスドット大地は、らでぃっしゅぼーやの買収で、農産生産者ネットワークを約5100人に拡大。またNTTドコモとミールキット(写真右)専門のECサイトを開設する

農産品などの食品宅配大手オイシックスドット大地は、野菜宅配大手のらでぃっしゅぼーやを買収した。らでぃっしゅぼーやの親会社であるNTTドコモから10億円で全株式を取得することで合意し、2月末までに完了する。

オイシックスドット大地は当面の間、らでぃっしゅぼーやを子会社として経営する。同社の代表取締役社長は、3月1日から、オイシックスドット大地の高島宏平社長が兼任する。

らでぃっしゅぼーやの取得で、オイシックスドット大地の売上高は550億円を超える規模に。農産生産者のネットワークは、既存の約2700人にらでぃっしゅぼーやの約2400人を加え、約5100人に拡大する。

また、NTTドコモは、オイシックスドット大地の第三者割当増資によって3%を同社に出資し、ことし6月をめどにドコモからオイシックスドット大地へ社外取締役を派遣する。

オイシックスドット大地とNTTドコモは2018年内に、食材などをセットにした料理キット(ミールキット)専用のEコマースサイトを開設する。オイシックスドット大地のミールキットは、昨年12月時点でシリーズ類型出荷数が800万食を突破した。2014年の同月比で約18倍に成長している。

米国ではミールキット市場に150社以上が参入し、食品市場リサーチのパッケージド・ファクツの調べでは、2025年までに350億ドル規模(約3兆6000億円)に成長する見込み。

NTTドコモは、らでぃっしゅぼーやを2012年に約69億円で買収した。NTTドコモ(当時)の井手明子氏(現=NTT常勤監査役)、国枝俊成氏(現職)が指揮をとったが、売上高は買収前の220億円(12年2月期)から、197億円に減収していた(17年2月期)。営業利益は、12年2月期の2億9900万円から、17年2月期は1500万円に大幅に減った。16年2月期は13億円の赤字だった。

ドコモのECサイト「dショッピング」に出店したり、13年にドコモが買収した料理教室大手「ABCクッキングスタジオ」と連携したりと、事業間の相乗効果を狙ったものの、振るわなかったようだ。会員数は伸びていたものの、顧客単価と購入回数の減少が伺える。

オイシックスドット大地は、グループの調達・購買・デジタルマーケティングなどの面でらでぃっしゅぼーやと連携し、収益性の改善を図る。

【Eコマース】
サブスクリプションが実店舗を侵食 先行する米国企業、アマゾンも

米国のアパレル系サブスクリプションサービスで存在感を見せるのはステッチフィックス。アマゾンも参入を発表している。スタートトゥデイは先に市場を占めておきたいところ

ファッションEコマースの「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイは2月15日、同社スタッフがコーディネートした洋服一式を定期購入できる「おまかせ定期便」を開始した。内容は5点~10点で、届いてから欲しい商品のみを選び、7日以内に不要なものを返品すると代金が確定する。

トップス(上半身に着る衣服)、パンツ(ズボン)、ワンピースなどのカテゴリーごとに「5000円まで」など上限を定めることもできる。送料は定期便の配達時に200円(税込)。返品手数料とサービス自体の利用料は無料。配送サイクルは、「毎月(1カ月に1回)」「2カ月に1回」「3カ月に1回」の3パターンがある。商品には配達した商品の参考コーディネートや着こなし方のアドバイスをレターとして同封する。

利用者は事前に、好みの柄やサイズなど服を選ぶ際の条件や、「お腹まわりを隠せるトップスが欲しい」といった体型にまつわる細かな要望を登録。その要望をもとにスタートトゥデイが洋服をコーディネートする。利用者の体型を計測する「ZOZO SUIT(ゾゾスーツ)」にも対応するが、持っていなくても利用できる。

スタートトゥデイは同時に、「ZOZOTOWN」で取り扱う50万点以上の商品から、定期便利用者の好みに合ったコーディネートを考える「おまかせ定期便」専門スタッフも募集している。

業務は、商品の選択と、着こなしのポイントなどをまとめてレターを制作するというもの。勤務形態は在宅で、専用の管理画面もWeb上に用意したようだ。報酬は、本社スタッフの承認を経たレター1件あたり600円(税抜)で、売り上げに応じた成果報酬もある。同時にアルバイトも100人募集する。

スタートトゥデイの「おまかせ定期便」は、「サブスクリプション(定期購買)サービス」に類する。一定のサイクルで継続的に購入するのが基本で、支払金額が一定で、内容は販売側が決めるもの、あるいは購入者が決めるものなどもある。

米国では同種のサービスが活況で、アパレルでのサブスクリプション大手はステッチフィックス(Stitch Fix、米サンフランシスコ市)の2018年第1四半期(17年8月~10月)の収益は2億9560万ドル(約314億円)で、前年比25.2%増だった。利用者数は17年10月28日時点で240万人、前年比29.7%増だった …

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Topics Recap の記事一覧

らでぃっしゅぼーやを買収、オイシックスドット大地ほか2月のトピックスまとめ(01)(この記事です)
適職診断コーナーをメトロ丸の内線に設置ほか1月のトピックスまとめ(前)
店頭で料理動画 食品・飲料大手1月からほか、17年12月のトピックスまとめ(前)
オイシックスドット大地、中国へ有機栽培の日本米の輸出をスタート
10月の注目の話題まとめ(前)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する