販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

『すしざんまい』がスナックに ジャパンフリトレーとコラボ

発売に先立ち、喜代村の木村清社長と、ジャパンフリトレー 岩崎直哉社長が商品をアピール。おなじみの(?)ポーズを見せた。

ジャパンフリトレーは3月5日、寿司チェーン「すしざんまい」(運営=喜代村)とコラボレーションした、「すしざんまいコーンスナック うに海苔味」「肉ざんまいコーンチップス」を発売する。前者は2月12日、コンビニエンスストアで先行発売した。「すしざんまい」店舗などでも販売する。価格はいずれも125円(税別)。

「すしざんまい」が他社とコラボレーションするのは初めて。「海老せんべいなどは昔からなじみ深いが、『うに』のフレーバーは珍しいんじゃないか。当社で前例のない試みなのでどうなるかと思ったが、2回めの試食で味が決まった。

『すしざんまい』には全国50店舗超に年間1000万人が来店するが、それを超える1億人の方に食べてほしい。『すしざんまい』に来たことがない人にも、スナックを接点に、店舗へ足を運んでもらいたい」(喜代村の木村清社長)

昨今は、おみやげ品などの用途で、外国籍の訪日観光客らがコンビニに足を運ぶことも少なくない。意外なところで、日本独特のスナックに火がつくかもしれない。

「ジャパンフリトレーがコラボレーション先を選ぶときは、『おいしい』は当然のことながら、お菓子ですから、『楽しい』を重視しています。喜代村さんは両方を備えておられたので、声をかけさせていただきました。『肉ざんまい』とのコラボ商品も、店舗の味に近づけるよう、パンチの効いたジューシーな味わいの商品です。どちらも自信を持っておすすめできる商品に仕上がりました」(ジャパンフリトレー 岩崎直哉社長)

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する