販売促進の専門メディア

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」

カッパ・クリエイトの販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」

カッパ・クリエイト

プロモーション活動を行う際、どんな企業をパートナーに選ぶかで、その後の成果が大きく違ってくる。成果を出すために、企業側の担当者はどのような視点でパートナーを選んでいるのか。毎号、さまざまなクライアント側の視点を聞く。

    カッパ・クリエイト

    [今期のプロモーション予算]広告宣伝費(全体)前年比105%
    現状の販促費用はメディアに約60%を割き、そのうち約20%程度をデジタル分野に活用。ロードサイド型の店舗が多いため、まだまだマスメディアに頼る面もあるが、年々デジタルへのシフトも進んでいる。

回転すしチェーン「かっぱ寿司」を経営するカッパ・クリエイト。現在は本州、九州に345店舗を展開している。2017年夏から放映している、企業イメージや同社の理想像を伝えるドラマ風のテレビCMが話題となった。

昨今のソーシャルメディアによる情報発信も意識し、マーケットイン発想に基づくフォトジェニックな商品開発を推進。2016年冬に販売した直径約29センチの大桶に盛りつけた「至極の大桶シリーズ SUSHI CAKE 冬」は、好評を受けて2017年にも復刻販売した。

今後も「体験」を訴求する施策に注力し、食べ放題や出張回転寿司、解体ショーなど、消費者を楽しませる施策を実施する予定だ …

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」 の記事一覧

カッパ・クリエイトの販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」(この記事です)
岩下食品の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」
養命酒製造の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」
すかいらーくの販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」
キューサイ販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」
ANA販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する