販売促進の専門メディア

販促NOW ツール編

機能説明より実証結果でアピールする

向坂文宏氏(桜美林大学専任講師/ストア・コミュニケーション・プランナー)


消費者が買い物をする際、ソーシャルメディア(SNS)などWeb上の口コミ情報を参考にすることに注目されるようになって、何年が経つだろうか。

インターネット普及時代の購買行動モデルとして発表された「AISAS」や、SNSの影響を考慮した購買行動モデル「SIPS」などは、消費者が、商品情報への「共感」を通じて、商品購入に至ることを示している。また店舗でも、商品を比較・検討する過程で、消費者がスマートフォンを取り出し、価格やユーザー評価を確認することも一般的となっている。

今や買い物客は、自分自身で商品情報を確認する手段を多く持っており、店頭でメーカー目線の機能説明をしても、そのまま受け取ってもらえる環境ではなくなっているということだ …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW ツール編 の記事一覧

機能説明より実証結果でアピールする(この記事です)
店外との顧客との関係をつなぐツール
専門性が必要な商品選び 瞳のスタイル提案
買いやすい空気づくりに対して店頭ツールができること
思わず座って確認 商品に語らせる「技術の見える化」
いかに体験へ誘引させるか これからリアル店舗が考えること

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する