販売促進の専門メディア

ヒットの仕掛け人

宇多田ヒカル、6年ぶりのアルバム ミリオンセールス達成の舞台裏

宇多田ヒカル『Fantome』

2016年9月28日に発売された歌手・宇多田ヒカルのアルバム『Fantome』が2017年1月、CD出荷とデジタル配信を合わせての総計で、ついに100万枚セールスを突破した。ロングセールスをつづける本作は一時、全米のiTunesチャートで3位となるなど、その勢いは国内にとどまらない。"声と歌詞"にこだわり抜いた作品が、国や言語を超え、いまも世界を席巻している。

ユニバーサル ミュージック
プロダクトマネジメント本部 シニア・プロデューサー 梶 望(かじ・のぞむ)氏

1971年生まれ。中央大学理工学部卒。デビュー前より宇多田ヒカルのマーケティングを担当し、それ以外のアーティストでもAIの「ハピネス」など多くのヒットに貢献。宇多田ヒカルの移籍に伴い、3月よりソニー・ミュージックレーベルズ EPICレコードジャパンに所属。

―宇多田ヒカルさんのアルバムがミリオンセールスとなりました。およそ6年ぶりの登場でしたが、その間に音楽を取り巻く状況も大きく変化しましたね。

私は1999年のファーストアルバム『First Love』からプロモーションに関わっているのですが、彼女が活動を休んでいたこの6年間だけでも、いろいろなことが変わったと感じます。最も大きいのは、人々と音楽との接し方。それにはやはり …

あと88%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ヒットの仕掛け人 の記事一覧

宇多田ヒカル、6年ぶりのアルバム ミリオンセールス達成の舞台裏(この記事です)
野菜苦手な担当者が生んだスムージー 秘訣は「大きなブランドで売る」
担当者も生麺と間違えた!? 発売5年で「定番ブランド」に
「透明なのにヨーグルト味」『驚き』を訴求し続けて大ヒット
圧倒的シェアでNo.1 女性の「リアル」を捉えて開発
発売1カ月で累計600万食販売 カギは、徹底したターゲット戦略

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する