販売促進の専門メディア

ヒットの仕掛け人

圧倒的シェアでNo.1 女性の「リアル」を捉えて開発

パナソニック「ナノケア」

ヘアードライヤー「ナノケア」は、髪にうるおいを与え、うねりを抑える「ナノイー」(帯電微粒子水)により、「乾かすだけでヘアケアができる」と標榜する商品だ。ヘアードライヤーとして1万円を越える高価格帯ながら、圧倒的なシェアを持つ。その背景には、「髪質改善※できる」という付加価値を広く周知させるマーケティングがあった。
※毛髪にうるおい、ツヤを与えることによる。

トリートメントのできる世界初のヘアードライヤーとして、パナソニックが2005年に発売した「ナノケア」。髪を「乾かす」だけではなく、髪の「ケア」ができるとうたうドライヤーで、髪のダメージを気にする現代女性のニーズをつかみ、2016年10月時点で累計販売台数は700万台を突破している。ヘアードライヤー市場でも23カ月連続でシェア1位の座を守る同ブランドについて、話を聞いた。

パナソニック スモールアプライアンス商品部 ビューティ・ヘルスケア商品課 小谷香織氏

―ヘアードライヤーでシェアNo.1を維持し続ける販売戦略について教えてください。

小谷香織氏▶︎ 口コミが大きく寄与していると思います。化粧品口コミサイト大手の「@cosme」では、2015年に、利用者の口コミを元に選ばれる「@cosme ベストコスメアワード」で「ナノケア」が殿堂入りを果たしました。同サイトでは、過去にも複数回選出いただいています。

9月1日発売の新モデルでも、「満足度95%」と具体的な数字を示した広告展開で商品をアピールしています。また、商品の写真と使用実感をソーシャルメディアに投稿していただく …

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ヒットの仕掛け人 の記事一覧

圧倒的シェアでNo.1 女性の「リアル」を捉えて開発(この記事です)
発売1カ月で累計600万食販売 カギは、徹底したターゲット戦略
目標を7割増に上方修正、「一番搾り」で地域の魅力発掘
600万ケース目指す アサヒ全社横断開発の新チューハイ
「音とおいしさ」の関係を科学的に実証、売上を2.5倍アップさせた森永製菓のヒットの仕掛け人
デジタルを駆使して人気店に、お菓子のスタートアップ企業の挑戦

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する