販売促進の専門メディア

今月のひとめぼれプロモーション!CLOSE VIEW

ロングセラーアイス「ピノ」期間限定カフェで若返り

森永乳業「ピノフォンデュカフェ チョコレート&マシュマロ」

img01

ここでしか食べられないピノフォンデュをメニューにしたカフェに行列ができた。丸いソファは「ピノ」型。

来年、発売40周年を迎える森永乳業の一口サイズのアイス「ピノ」。認知度は非常に高いものの、ヘビーユーザーは50~60代となり、若年層のマインドシェアをいかに高めるかが課題となっている。そんな中、自分オリジナルのピノが味わえる期間限定カフェに、10~20代の若年層が集まり行列をつくった。ブランドの若返りに寄与したこのカフェは、東急プラザ 表参道原宿の3階に森永乳業が7月3日から開いた「pinofondue café chocolate & marshmallow(ピノフォンデュカフェ チョコレート&マシュマロ)」。ピノ玉6粒に、チョコレートソースやマシュマロクリーム、カラフルチョコチップなどのトッピングをつけ、デコレーションが楽しめる「ピノフォンデュ」を1食350円(税込)で提供した。

実際に試してみると、チョコレートソースがアイスについた瞬間に固まり、簡単に見栄えの良いものがつくれる。周囲を見渡すと多くの来店客がスマートフォンでの撮影を楽しんでいた。カフェの告知はパブリシティと自社メディアのみで、SNSでの情報拡散を重視。フォトジェニックなメニューや、撮影スポットを多数設けた空間デザインにもこだわり、情報拡散を促すために写真投稿キャンペーンも行った。オープン当初からメディアによる報道も相次ぎ、1日平均900~1000人が来場。同じ会場で過去実施した期間限定店舗の中で最も多い来場人数を記録した。「ピノの本質価値を生かしながら …

あと36%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

今月のひとめぼれプロモーション!CLOSE VIEW の記事一覧

ロングセラーアイス「ピノ」期間限定カフェで若返り(この記事です)
週末は4000人来場 「ペプシ」新製品の限定バー
「ワニ」モデルが渋谷・表参道に出現 ラコステのプロモーションで
ミスチルの新曲を先行視聴できるイヤホンジャックイベント
モフモフの大クロネコが渋谷駅・屋外広告に ヤマト運輸が新サービス
新しい都市型ランニングイベントに4000人が熱狂 SNSでの拡散は900万件以上

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する