販売促進の専門メディア

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」

自分ゴトとして考える販促

エスエスケイ

プロモーション活動を行う際、どんな企業をパートナーに選ぶかで、その後の成果が大きく違ってくる。成果を出すために、企業側の担当者はどのような視点でパートナーを選んでいるのか。毎号、さまざまなクライアント側の視点を聞いていく。

    エスエスケイ

    [今期のプロモーション予算] 2015年度は会社全体で約10%アップの予定
    SSK野球、ヒュンメル、パラディウム、ジェーンスタイル、ショッフェルと各ブランドで限られた予算の中、店頭とウェブを中心としたPR活動を実施している。

SSKベースボール、ヒュンメルなどのブランドを擁し、スポーツ用品の製造・卸を行うエスエスケイ。2015年3月からはドイツのアウトドアファッションブランド「ショッフェル」を日本で展開する。いずれのブランドでも、顧客接点を重視しウェブサイトや店舗、イベントなどを通じてユーザーの興味を喚起する取り組みを進めている。

SSKベースボールでは、従来のモノ寄り視点のトレーニンググッズパンフレットを …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」 の記事一覧

自分ゴトとして考える販促(この記事です)
大和ハウスのパートナー選びのポイントは?
ポッカサッポロがパートナー企業に求めるポイントは?
CMが話題になったワンダーコア 販売企業がパートナーに求めるポイントは?
「うまい、やすい、はやい」の吉野家がパートナーに求めるポイントは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する