販売促進の専門メディア

企画書に使える!今月のDATA

ユーザーにスキップされない動画広告の決め手は?

新しく発信される消費者の調査データの中から、編集部が注目した調査結果をお届けします。

動画広告市場は2017年に880億円市場に——。2015年の同市場は前年比61.1%増の501億円、さらに17年には、スマートフォン向け動画広告が構成比51.7%の255億円に達する見通しだ※。動画広告の勢いが増す中でジャストシステムは、10〜60代のスマートフォンユーザー男女1000人を対象に、「動画広告に関するアンケート」を実施。視聴に対する意識を探った。

サイバーエージェントとシード・プランニングが発表。

  • 調査方法:ジャストシステムのセルフ型ネットリサーチ「Fastask」でのアンケート調査
  • 調査対象:Fastaskモニタのうち、事前の調査で「スマートフォンを利用している」と回答した男女(10代~60代)1,000人
  • 調査時期:2015年1月5日、6日

DATA1
最も認知度が高い「動画広告」の形式は?

よく見かける動画広告を尋ねられ、思い浮かべる人が多かったのは、見ようとした動画の前に差し込まれるタイプの「動画広告」。“本命”視聴前に現れることから、良くも悪くも印象に残るようだ。

※コンテンツの閲覧前、またはコンテンツ内に表示される動画形式の広告全般を指す

あと48%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企画書に使える!今月のDATA の記事一覧

ユーザーにスキップされない動画広告の決め手は?(この記事です)
現状に満足しているシニアが多い!?セカンドライフに求めるのは「いまのまま」
ネット動画の視聴きっかけ、シェア経験で差が生じる
訪日外国人旅行者アンケート 言語圏で異なる買い物意識
ショールーミング経験者は全体の16% 行動拡大の鍵は「楽しさ・喜び」
お得なら、ウェブクーポン入手にも積極的なシニアたち

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する