IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

出会いや別れの重なる時期に送るメッセージ



「それは人生、わたしの人生」篇

歌(通行人):この世になくてはならないものは?

歌(サラリーマン):さあ何だろう

歌(おばあちゃん):とりあえず大きいもの

セリフ(高畑):そう、たとえば 駅前のポストに いつか見た川辺の桜。
鯨のジャンプ。 綿帽子を冠った富士山!

歌(高畑):♪ユニークなのは どうしても要るの おばあちゃんDJに
♪ラジオ体操 飛んでみたいな 五ツ子は何処

歌(五つ子):そうあたたかい いろいろがなくちゃね

歌(女子高生3人組):手作りの弁当 あの日の夢 卒業式も なかまたちも 手紙の字も

歌(通行人多数):みんな必要よ 近寄ればかなしく 離れればたのしく 見えてくるのよ

歌(高畑):♪それは人生 わたしの人生  ああ誰のものでもない 焦らず笑って 前を向いたら この人生は 夢だらけ

NA:人生は夢だらけ かんぽ生命

かんぽ生命「それは人生、わたしの人生」

「かんぽ生命を、大きくて、ユニークで、あたたかい会社にしていきたい」。上場直後、石井社長直筆の、社員の方々に宛てたお手紙にはそう書いてありました。何て素敵な経営方針だろう。なんとかしてCMで具現化したい、と試行錯誤した結果がこちらです。Web上に面白く刺激的なコンテンツが溢れ返る昨今、テレビCMはますます“メジャー感”が大事だなと感じる今日この頃です。もはやそれがCMの役割かも。

グラフィックでは、掲出場所はもちろん、3月という、一年でもっとも出会い別れが重なる時期に、どんなメッセージをどう発信するのか?僕は、18歳で上京してきた日の事を鮮明に覚えているのですが、あの日の自分が読みたいと思うであろう言葉を選びました。春には春の言葉がある。はず。(GLIDER クリエイティブディレクター 志伯健太郎)

    共通

  • 企画制作:GLIDER
  • CD+企画+C+作詞:志伯健太郎
  • AD:長田桂太
  • C:春原伸也
  • D:高木紳介
  • D:小関友未
  • CPR:宮嶋貴子
  • CAS:山川勝康、若穂囲雅
  • ST:杉山まゆみ
  • HM:稲垣亮壱


  • GRAPHIC STAFF

  • 制作:たき工房
  • PR:早坂匡裕
  • PM:長谷川武徳
  • 撮影:伊藤大輔
  • レタッチ:井出隆文


  • CM STAFF

  • 制作:ギークピクチュアズ
  • PR:早坂匡裕
  • PM:長谷川武徳
  • 演出:児玉裕一
  • 撮影:中原昌哉
  • 照明:森寺テツ
  • 美術:笠井亜紀
  • CAS:元川益暢
  • 本編集:坂巻亜樹夫
  • 作詞+作曲:椎名林檎

UP TO WORKS の記事一覧

出会いや別れの重なる時期に送るメッセージ(この記事です)
震災から5年、復興への思い
お寿司屋さんを「食べる」場所から「食べる+知る」場所へ
あたらしくなった「あの人」たち
愛について直球で語る
いつでも、どこでもアートを体感できるミュージアム
妻夫木聡が抱える「FUTURE BOOK」に書かれているのは?
人間の記憶のあやふやさをポスターで表現
静岡新聞、超ドS計画を発表
みんなで挑んだ巨大なブロック壁画
新しい時代へとどんどん進む女性たち
ついに完結⁉南のスキー場の物語
世の中に問いかける宝島社の広告
長崎を舞台に、俳優・役所広司が演出を手がけたCM
鍛え抜かれた力士の肉体のようなフォークリフト
冷凍=保存という既成概念を覆すブランド

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る