IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

BOVA

230万回再生突破! BOVA受賞作「LOVE♡48 愛の48手組んでみた」制作の舞台裏

太田 良

第2回BOVAで審査員特別賞を受賞したレキットベンキーザー・ジャパンの「LOVE♡48 愛の48手組んでみた」が、YouTubeやFacebookで総計230万回再生を突破し(7月中旬現在)、大きな反響を呼んだ。制作者であるAOI Pro.の太田良監督に制作について聞いた。



「LOVE♡48 愛の48手組んでみた」
日本に昔から伝わる「48手」を「愛を伝える行為」として再現した。

いやらしく見えないように
型の美しさを撮る

「LOVE♡48 愛の48手組んでみた」はコンドームブランド「Durex」の課題に応募された作品だ。テーマは「Durexで愛を正直に伝えたくなる映像」。AOI Pro.の太田良さんは「愛を形にする言葉、ということから考えはじめました。最初はもっとドライな48手を考えていましたが、Web動画であるからには、もっとバズにつながる要素が必要。そう考えて、キャストをプロレスラーにするなど、エンタメの要素が加わっていったんです」と話す。

苦労したのは、キャスト探し。知り合いのプロデューサーやキャスティングのプロに相談しながら、さまざまな可能性を探って行った。「ストレートに思いつくのは、AVに出演されている方から探すことなんですが、AVの方は組みあうことにある種の慣れがありそうだったので避けました。そこで映画やドラマに出演する女優さんが所属している事務所10社20人に声がけしましたが、OKの返事をくれたのは唯一この方だけでした(笑)」。男性は、本物のプロレスラー。こちらも人づてで千葉のプロレス団体KAIENTAI DOJOに直接電話し、紹介してもらうことができた。

演出に関しては、どんな点に気を配ったのだろうか …

あと39%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

BOVAの記事一覧

BOVAの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る