販売促進の専門メディア

プレゼン資料 大公開

社内でのプレゼン「手短に」と言われた時の対処法

前田鎌利

せっかく考えたアイデアも、決裁者に、分かりやすく伝え、納得してもらえなければ、実現できない。企画を通すためのコツを探る。

    Q 社内でのプレゼン、決済者が忙しく「時間がないから手短に」と言われることも。どうすればいい?

A 読ませるのではなく「見せる」スライドで、解決策と効果を先に話す。

どのスライドを抜いたら短縮して話せるか事前に決めておく

企画をまとめ、いざ社内会議へ。でも会議では何が起きるか分かりません。自分の議題が回ってくる前に、別の議論が白熱してしまい、自分のプレゼン時間が押されてしまうこともあります。そこで「プレゼンは手短に」と言い渡される。これでは、せっかく用意していたストーリーもすべて話すことはできません。

しかし会議の場では、こうした事態はよくあること。1分で話すとしたら、企画書のどのページ抜いて話せばいいのか、事前に準備しておくべきでもあるのです。

短くプレゼンするには …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

プレゼン資料 大公開 の記事一覧

三越伊勢丹HD「対話なきプロジェクトに成功なし」
社内でのプレゼン「手短に」と言われた時の対処法(この記事です)
ミスチル新曲が駅構内で聞けるイベント企画の裏側
スーパーに経済記事、新聞社プロモーションの企画書
2カ月で5万人来場、アイス「ピノ」期間限定店の企画書
Audi新型車と延暦寺 「共通点」が実現の一手に
カラムーチョ周年企画のプレゼン資料公開

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する