広告マーケティングの専門メディア

           

私の広告観

視聴者に「見たことのない景色」 を見せるためマーケ分析の数歩先を行くドラマづくりをー八木康夫の広告観

八木康夫さん

『パパはニュースキャスター』『さとうきび畑の唄』など、数々のヒット作を世に送り出してきたドラマプロデューサーの八木康夫さん。テレビドラマの黄金時代を築き上げたひとりとして、効果測定による数字のファクトに頼るだけではない、ドラマづくりにこだわる思いを聞いた。

初プロデュース作品が大ヒット ドラマでキャリアアップを目指す

現在はフリーのドラマプロデューサーとして活躍している八木康夫さんは、かつて所属していたTBS時代に多くのヒット作を生み出し、テレビドラマの黄金時代を支えたひとり。

学園ものからホームドラマ、恋愛、社会派、サスペンスなど幅広いジャンルを手がけ、文化庁芸術祭、東京ドラマアウォード、ギャラクシー賞など多数の受賞歴を持つ。マスコミ業界は憧れだったと話す八木さん。

テレビ局で音楽番組を担当することを夢に抱き、早稲田大学第一文学部に入学。大学時代はバンド活動に明け暮れる日々を送った。

就職活動の時期を迎え、校内の掲示板に貼り出された求人票に目を向けると、TBSの募集があった。大学の推薦枠10人に対して800人応募という狭き門だったが、なんと抽選で運よくその枠に滑り込んだ八木さんは、入社試験にも無事合格し、晴れてテレビ局に入社することになった。

入社後は、音楽番組の制作に携わりたいと希望を出すも叶わず、配属されたのはドラマの制作部。

20代はADとして厳しい下積みを経験したと八木さんは語る。「ドラマにはまったく興味がなくて。制作現場は徒弟制度のように上下関係が厳しく、長時間労働でモチベーションもあまり上がりませんでした。

それでもなんとか6~7年ほど経験を積んだ後、初めて作品をプロデュースすることにな...

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら

私の広告観 の記事一覧

視聴者に「見たことのない景色」 を見せるためマーケ分析の数歩先を行くドラマづくりをー八木康夫の広告観(この記事です)
人やモノとの境界線を曖昧に 自然に溶け込む建築から生まれるコミュニケーションの在り方ー藤本壮介の広告観ー
クリエイティビティの向上に寄与する、人と共創するAI迫るシンギュラリティで試される人間力―栗原聡の広告観―
観光振興に不可欠なデータ分析とマーケティング ロジカルなアプローチで、日本の魅力を世界へ発信―古屋秀樹さんの広告観―
「推し」に大切なのは人として一本筋の通った「人間性」「言葉」で可視化し「共感」でファンとつながる-モモコグミカンパニーの広告観-
音楽の持つ語彙の豊かさへの気づき コロナ禍で試行錯誤した聴衆とのコミュニケーション 上原ひろみの広告観
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する