広告マーケティングの専門メディア

           

COVER STORY

あたらしい人(3月号表紙:雪見みとさん)

雪見みとさん

雪見みと mito yukimi
兵庫県出身。SNSで人気となりテレビ番組で特集が組まれるなど話題殺到。2021年Vaundy「life hack」MVに出演 。2022年BS12「SDGsらぼ」にて初の番組MCを務める。短編映画 純猥談「いつか回り回って恋人に戻れたら幸せです」ではヒロインに抜擢。2023年 テレビ朝日系列「たとえあなたを忘れても」佐久田敬子役にて出演、主演映画の公開も控えているなど注目の若手俳優。

キャスティング担当者が語る、雪見みと。

雪見みとさんは、時代のアイコンとしての地位を確立しつつあります。芸能界入りのきっかけは、同志社大学在籍中にカメラマンの友人からモデルを頼まれたことをきっかけとして始めたInstagramで瞬く間にフォロワーを獲得し、現在所属をしている事務所の社長の目に留まったことです。ご自身の強みを聞いてみたところ、「芯がある心」と「直感に従う力」だそうです。好きなものにはハマりやすいそうで、とても多趣味です。例を挙げると、カメラにサックス、キャンプにゴルフ、そしてパンづくりまで。なんと、簿記の資格まで持っています。モットーである「明るく、前向きに、自分らしく」は、芯の強い彼女らしさを象徴していると感じました。テレビCMだけにとどまらず、映画、テレビ、ドラマのオーディションに見事に受かり続けています。「雪見みと」この名前をぜひ憶えていてください!

足立茂樹氏

イー・スピリット代表。博報堂出身。「クリエイティブ コンサルタント」としてトップクリエーターとクライアントをつなぐコーディネート役を担う。また本業のキャスティング業務では70人のスタッフで年間約2000本のキャスティング案件に励む。

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら
一覧

COVER STORY の記事一覧

あたらしい人(3月号表紙:雪見みとさん)(この記事です)
あたらしい人(2月号表紙:葵 揚さん)
あたらしい人(1月号表紙:小川未祐さん)
あたらしい人(12月号表紙:中井友望さん)
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する