広告マーケティングの専門メディア

これからの「ブランド成長の定義」

『食』の社会課題に皆で挑み ワクワクする未来を創造するSEE THE SUN

金丸美樹氏(SEE THE SUN)

「“食”に関する社会課題を解決したい」との強い思いのもと、森永製菓のコーポレートベンチャーとして2017年に設立したSEE THE SUN。代表を務める金丸美樹氏が、同社の活動により実現したい未来とは。

森永製菓の新規事業から誕生 社会が幸せに循環するテーブルを創りたい

「テーブルを創るすべての人を幸せに」をミッションに、「食」を取り巻く社会課題解決に取り組むSEE THE SUNは、様々な業界の作り手と生活者と共に、持続性のある社会の実現を目指す共創プラットフォームとして活動を行っている。

SEE THE SUNは、森永製菓の新規事業からスタートしたプロジェクト。プロジェクトを立ち上げ、現在はSEE THE SUNの代表取締役CEOを務める金丸美樹氏は当時を振り返り、「事業を立ち上げにあたり、あらためて向き合った“食”にかかわる社会問題は非常に複雑で、『課題だらけだ』と感じたのを覚えています」と話す。

気候変動・天災に、就農人口の減少という労働問題、フードロスが起こっている一方で、グローバルでは食糧難も起こっている。さまざまな問題が紐づくこの複雑な課題に、ひとつの組織で立ち向かうことは難しいと感じた金丸氏は、課題を抱えているマーケティングや営業などを伴走的にサポートしつつ、同じ課題感を持つ人々が集い、生活者も交えて、社会が幸せに循環するためのプラットフォームをつくりたいと構想。

このような新しい試みの場合、すでにビジネスモデルが確立されている“森永製菓”として行うよりも、新しい企業として取り組んだ方がフレキシブルに動けるのではないかとの考えから、コーポレートベンチャーとして独立することを決断したという。

“競争”だけではなく“共創”できる場を ワクワクできる未来に向けて、各社が集う

2017年に設立したSEE THE SUNは、活動の第一歩として玄米入り大豆ミート「ZEN MEAT」をはじめとする、プラントベースフード(植物性食品)の開発・販売からスタート。しかし、その後、多くのプレイヤーが出てきたため、森永製菓として取り組んだ方が社会的影響力があるのではないかとの判断から、プラントベースフードの販売は事業を移管。2020年以降は、当初の目的であった「“食”にまつわる課題を皆で解決するプラットフォーム」の構築に注力した活動を続けている。

現在のSEE THE SUNの事業は、①企業の枠を超えて作り手同士が連携する共創コミュニティ「Food Up Island」の運営・推進、②作り手×生活者との共創コミュニティ「OUR TeRaSu」の運営...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

これからの「ブランド成長の定義」の記事一覧

これからの「ブランド成長の定義」の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する

最近もっとも読まれた記事