広告マーケティングの専門メディア

「人」中心マーケティングのススメ

「鳥の目」と「虫の目」で市場と生活者に対する理解を深める

塩谷誠二郎氏(インテージ)

消費者ではなく、生活者という言葉が使われる場面が増えました。真に生活者起点のマーケティングを実践するうえでは、一人ひとりの顧客に「人」として向き合うことが求められています。データも駆使した、「人」中心のマーケティングの実践論を全12回の連載で解説していきます。

競争環境が厳しいときは企業都合の戦略に陥りがち

マーケティングプランニングの際に、「人」中心(=お客さま主語)ではなく、自社視点のみで検討を進めてしまうことが往々にして起こります。

この場合の「自社視点」には、様々な要素が含まれます。「自社製品と競合する他社が価格競争を仕掛けてきているので、対抗しなければ!」とか、「現在の製品ラインナップでは対応できていない領域があるので、そこへの注力を検討しよう」など。

競争環境が厳しいからこそ、直面する課題への対応に追われ、「そもそもどんな生活者にどんな価値を届けるべきなのか?」といった検討に十分に労力を割けない、という難しさがあるのではないでしょうか。

真に「人」中心のマーケティングを実践する上で肝ともいえるのが、生活者情報をはじめとする、様々なデータの利活用です。そこでは大事なポイントが3つあります。

ひとつ目は「鳥の目」です。これは、生活者の大きな潮流や...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「人」中心マーケティングのススメ の記事一覧

「鳥の目」と「虫の目」で市場と生活者に対する理解を深める(この記事です)
FMOTとSMOTの両方をデザインし、買い物体験を向上させる
消費者から『Friends』へ いま、顧客理解の範囲を拡張すべき理由
成長のヒントは、自社の商品カテゴリーの外側にある。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する