広告マーケティングの専門メディア

R30のホープたち

マーケターは「職業」 業務が多岐にわたるからこそ、プロ意識をもって行動

森本彩香さん(日清食品)

次世代を担う若手マーケター・クリエイターを紹介する本連載。新たな時代を担うホープたちはどのようなポテンシャルを秘めているのだろうか。今回は日清食品 マーケティング部で活躍する森本彩香さんに話を聞いた。

日清食品
マーケティング部
第3グループ
森本彩香(もりもと・あやか)さん 28歳

2017年、日清食品に入社。神戸営業所にて2年間、即席麺等の営業を担当。2019年3月より現職。「チキンラーメン」をはじめとする即席麺のマーケティングに携わり、商品の企画・開発からパッケージデザイン、販促プロモーションなどを一貫して担当。2021年3月には新ブランド「日清爆裂」を立ち上げた。

新ブランドのローンチを実現 今の時代に愛される商品に

創業当時からの人気商品「チキンラーメン」をはじめ、今年で発売50周年を迎える「カップヌードル」など多くのロングセラーブランドを抱える日清食品。そんな歴史ある企業でマーケティング業務に携わるのが森本彩香さんだ。担当ブランドごとにグループが異なる同社のマーケティング部で、森本さんは「チキンラーメン」などの即席麺のマーケティング活動に従事している。

担当領域は多岐にわたり、商品の企画・開発からネーミング、パッケージのデザイン、広告クリエイティブのディレクション、販促プロモーションまですべてのマーケティング活動に関わっている。

マーケティング部に配属されて3年目。これまでで最も印象に残っている仕事は、今年3月に即席袋麺の新ブランド「日清爆裂」を立ち上げたことだと話す。

「日清爆裂は、激辛ブームの盛り上がりや個食商品の需要拡大などを背景に、“突き抜けた刺激×個食袋麺”をコンセプトに開発した新ブランドです。実は、この新ブランドの企画はマーケティング部配属1年目から構想を練り続けていました。右も左もわからない状態からのスタートでしたが、企画立案から商品の発売までなんとか走り抜けたという印象です。当社にはロングセラーブランドがたくさんあるので、それらと肩を並べるためにも、明確な個性を持った“今の時代の...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

R30のホープたちの記事一覧

R30のホープたちの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する