広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたい 著作権なんでもQ&A

NFT対象資産の権利関係は?

岡本健太郎氏(骨董通り法律事務所)

    QUESTION:

    Q. キャンペーン商品として、NFTを発行する予定です。ある漫画のキャラクター画像が対象資産ですが、漫画家に著作権を残すことは可能でしょうか?

ANSWER:

POINT 1
NFT

ここ最近、NFTの利用が広がっています。国内外の著名アーティストもNFTを発行している上、Twitterの創始者Jack Dorsey氏の初ツイート(約3.1億円)、Beeple氏のデジタル作品(約75億円)など、高額で落札されたNFTもあります。今回は、最近話題のNFTを考えます。

NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)とは、ブロックチェーン上で発行及び流通されるデジタルデータの一種です。ブロックチェーンは、複数の参加者により分散管理されており、データ構造などもあって、無断での複製や改ざんが困難な仕組みとなっています。仮想通貨は、ブロックチェーンのこうした特性を利用したものですが、NFTは、通貨ではなくコンテンツやデジタルアイテムに利用するものです。

POINT 2
NFTの「保有」

NFTの対象資産は、アート、写真、映像、音楽、テキストなど様々です。NBAのトレーディングカードなどにも利用されています。これらの対象資産は、創作的な表現であれば、著作物となる一方、ありふれた表現など、創作性がなければ著作物には...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたい 著作権なんでもQ&Aの記事一覧

宣伝担当者が知っておきたい 著作権なんでもQ&Aの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する