広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

65%の家族が子どもの機嫌悪化を経験

本田技研工業は、2人以上の子どもを持ち、第一子が3~9歳までの30代の男女442人を対象に、家族のドライブ事情について調査を実施した。調査によると、準備の際、子どものテンションが「高い」「やや高い」と回答した人は89.1%にも上った一方、ドライブ中に子どものテンションが下がった経験が「よくある」「しばしばある」との回答は6割を超えた。

機嫌が悪くなる原因は、「中々目的地につかないから」「朝早くから車に乗って疲れてしまうから」が上位となり、機嫌を保つ対策として、DVDを流したり、音楽をかけていることが分かった …

あと38%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

約8割がエコ・環境問題に関心 エコバッグ持参は7割超
アプリ利用による新品の商品の消費喚起は年間約400億円超
65%の家族が子どもの機嫌悪化を経験(この記事です)
花粉症によって「働く意欲低下」6割超
55歳以上の約7割が韓国コスメを利用
シニアの連絡手段 「LINEでのメッセージ」が最多
スマホデビューは中学3年が最多 68%の親がトラブル回避対策
料理の時短を促す商品 キャリママ利用率7~8割
車にかけられる予算は「月1万4763円」5年連続減少
紙ストロー導入7割が賛成 世代間の意識の差も浮き彫りに
女性の9割以上が老後の生活に対し「不安」と回答
夫の家事育児分担率2割超えで妻の幸福度は平均超が判明
『ソロ活』にかける金額 月額平均1万3254円

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する