広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

約8割がエコ・環境問題に関心 エコバッグ持参は7割超

カルチュア・コンビニエンス・クラブは、18~69歳の男女1504人を対象に、「エコ活動・SDGsに関するアンケート調査」を実施。調査によると、エコ・環境問題に「関心がある」「やや関心がある」と回答をした人は79.3%を占め、中でも50~60代の男性が最も関心があることが明らかとなった。

また、言葉の意味をどのくらい理解しているのかを聞いたところ、「フードロス」や「廃プラスチック問題」に関しては、「詳細まで知っている」「ある程度知っている」との回答が半数を超え、エコ活動のために普段持ち歩いているものは「エコバッグ」が最多となった …

あと33%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

約8割がエコ・環境問題に関心 エコバッグ持参は7割超(この記事です)
アプリ利用による新品の商品の消費喚起は年間約400億円超
65%の家族が子どもの機嫌悪化を経験
花粉症によって「働く意欲低下」6割超
55歳以上の約7割が韓国コスメを利用
シニアの連絡手段 「LINEでのメッセージ」が最多
スマホデビューは中学3年が最多 68%の親がトラブル回避対策
料理の時短を促す商品 キャリママ利用率7~8割
車にかけられる予算は「月1万4763円」5年連続減少
紙ストロー導入7割が賛成 世代間の意識の差も浮き彫りに
女性の9割以上が老後の生活に対し「不安」と回答
夫の家事育児分担率2割超えで妻の幸福度は平均超が判明
『ソロ活』にかける金額 月額平均1万3254円

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する