広告マーケティングの専門メディア

「令和」の消費──衣・食・住

メルカリの調査から見えた、新しい消費

国内のCtoC市場を牽引するメルカリが2019年4月、「フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査結果を発表。これに合わせて、同社 取締役社長兼COOの小泉文明氏や、慶應義塾大学大学院 准教授の山本 晶氏、三菱総合研究所の宮川貴光氏が登壇して記者発表会を開催した。本調査から見える、「令和」の消費気分とは?

「所有から利用へ」移り変わる、価値観

昨年から「フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査を行っているメルカリ。今回発表された2019年の調査では、昨年調査と比較して次のような結果が明らかとなったという。

①フリマアプリ非利用者の中古品の購入・使用への抵抗感が薄れる

昨年と比較して全体的に抵抗感が薄れていることが分かった

    ❶ フリマアプリ非利用者のみ
    中古品を購入・使用することに抵抗を感じますか?

    (単一回答/2019年調査n=500、2018年調査n=500)

さらに別の質問では、50代、60代が商品購入の際に新品であることを重視する割合が減少

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「令和」の消費──衣・食・住 の記事一覧

メルカリの調査から見えた、新しい消費(この記事です)
ロングタームで変化する住まいの潮流 注目すべきは『デュアルライフ』
端境期を迎える「食」 意味ある選択が人を動かす
「令和」の消費者は、ファッションだって『賢く』買いたい

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する