広告マーケティングの専門メディア

広告ビジネスを変える!? ベンチャー企業の挑戦

グローバルでのMR導入実績を日本で活かす、DataMeshの挑戦

王暁麒氏(DataMesh)

「DataMesh Live!」で体験できる映像の一コマ。

ナレッジを共有する手段としてMRの活用に可能性を見出す

MR(Mixed Reality:複合現実)とは現実空間の中にバーチャルなオブジェクトをつくり出して、現実空間と融合しながら表示することが可能な技術だ。日本において、このMRのビジネス活用に可能性を感じ、事業を展開するのが2017年9月に日本法人を設立したDataMeshだ。

DataMeshはマイクロソフト出身のCEOの李劼氏がビッグデータ分析の会社として2014年に北京で立ち上げた会社だ。東京、シアトル、上海、広州、ロンドンに拠点を持ち、従業員数100名のうち技術者が半数を占めている。

「DataMeshはビッグデータを解析するだけでなく、その結果を組織内の現場で働く人たちが使えるソリューションの形で提供することを目指してきた会社です。組織の中では、ナレッジが分散し、活用しきれていないケースが多く、その状況を改善するためのデータ活用を推進しようというのが設立の目的でした」と日本法人の代表取締役である王暁麒氏は話す。

そんな同社がソリューションの提供のひとつの手段として着目したのがMRだった。2016年にマイクロソフトがMRデバイスのHoloLens(ホロレンズ)を発表した際、その活用に可能性を感じたのだという。

「例えばMRは製造業の生産現場における教育に活用できます。工場で機械を見ながら、仕事と関連ある情報が目の前に出てくるので、それを参考にしながら作業プロセスを理解することができます」(王暁麒氏)。

本社がある中国ではすでに工場などの現地従業員の教育トレーニングや作業支援など多数導入された実績がある。その他、建築物の施工前に完成イメージをMRで体験してもらい、関係者の理解を促したり、完成前の新製品を顧客に体験させるプロモーションで利用したりなど、製造業、建築業、教育、エンタメなどの業界でソリューションが活用されてきた。

まずは製造業とエンタメ業界 日本での活用促進を目指す

日本法人の代表取締役である王暁麒氏は大学卒業以来、日本の大手システム開発企業に勤務していた経歴を持つ。その後、独立した王氏が李氏と出会い、MRに可能性を感じて日本法人の立ち上げに至った …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告ビジネスを変える!? ベンチャー企業の挑戦 の記事一覧

グローバルでのMR導入実績を日本で活かす、DataMeshの挑戦(この記事です)
AIで顧客が持つ「データ」を価値に変える
3Dプリンターでアイデアを具現化。デジネルのラボドリブン・ビジネス。
AI活用のチャットボットで価値を生む、対話を支援
広告メディアとしての可能性も模索、日本初のお祭り専門会社「オマツリジャパン」の挑戦
人工知能を活用した質問応答システムで顧客対応業務の効率化を目指す

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する