広告マーケティングの専門メディア

マーケターのための事業構想

ブランドバッグのシェアリングサービス「LAXUS」、女性の「本音」をつかみ急成長

ラクサス・テクノロジーズ

ファッション分野でシェアリングビジネスが急成長している。その代表格が、高級ブランドバッグのシェアリングサービス「LAXUS(ラクサス)」。「買う」ではなく「借りる」という選択肢の提供が、女性の支持に繋がった。

「月額6800円で1万5000種類のバッグが借り放題」の高級バッグシェアリングサービス「LAXUS(ラクサス)」。

車、家、洋服、個人のスキルなどさまざまな分野で拡がっているシェアリングエコノミー。Uber、Airbnbなどアメリカの企業が主流を占めるなかで、注目を集めている日本の企業がある。広島に本社を置くラクサス・テクノロジーズだ。「月額6800円で1万5000種類のバッグが借り放題」という高級ブランドバッグのシェアリングサービス「Laxus(ラクサス)」を手掛け、2015年2月のサービス開始から2年でアプリダウンロード30万件、有料会員1万2000人を獲得した。

児玉昇司代表は、「アメリカでは工具や洋服のシェアがヒットしましたが、日本なら工具は100円ショップで売っているし、洋服は近所にお店がたくさんある。それならば、単価が高くて気軽には買えず、かつブランディングされていてファンが存在する、バッグのシェアリングを考えました」と話す。

児玉氏のアイデアは周囲から大反対された。「バッグは所有することに意味がある」という意見や、「高級バッグには興味がない」という女性も多かった。しかし、意に介さなかった ...

あと54%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケターのための事業構想 の記事一覧

ブランドバッグのシェアリングサービス「LAXUS」、女性の「本音」をつかみ急成長(この記事です)
伝統産業が米国へ進出するポイント 現地ネットワーク・ノウハウがカギ
隠れた地域資源を再評価、長野県飯田市の「オニグルミ・ブランディング事業」
「価格破壊」で電子カルテに参入
ブランディングの力で工芸を再生

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する