広告マーケティングの専門メディア

マーケターのための事業構想

伝統産業が米国へ進出するポイント 現地ネットワーク・ノウハウがカギ

中村剛大(山勝染工)

和装・礼装が時代とともに使われなくなり、危機に直面した伝統工芸の名古屋黒紋付染。プロデューサーである中村剛大氏は、海外輸出の知見がない状態から、伝統を未来へ継承するために、競争の激しい米国アパレル業界へ挑戦している。

伝統産業を未来へ残すために、技術を活かし米国アパレル業界に挑戦している。

山勝染工は、400年ほど前に発祥した名古屋黒紋付染の技術を活かし、和装礼装服の製造業からスタートした。三代目である父が亡くなったことを契機に職人である弟・友亮さんと二人三脚で染色技術の伝承・継承に力を注ぐことを決意した。

「昔は、日本人の身近にあった着物ですが、今は着る機会が減ってしまいました。しかし、日本の染色技術だから出せる深い黒や、日本の独自文化であり家族の絆の象徴でもある家紋文化を未来に残し、次の世代へつないでいくことは、とても大切だと思っています」。

一度、家業から離れた中村氏だからこそ、できることもあるはず。「伝統を守ることは、変化を続けること」を企業理念に掲げ ...

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケターのための事業構想 の記事一覧

伝統産業が米国へ進出するポイント 現地ネットワーク・ノウハウがカギ(この記事です)
隠れた地域資源を再評価、長野県飯田市の「オニグルミ・ブランディング事業」
「価格破壊」で電子カルテに参入
ブランディングの力で工芸を再生

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する