広告マーケティングの専門メディア

研究室訪問

海外の現状を見据え、日本のマーケティングのあり方を考える

天野恵美子(関東学院大学)

「子どもを狙え!キッズ・マーケットの危険な罠」
ジュリエット・B.ショア(著)アスペクト

子どもを狙うことを促しているタイトルに見えるが、アメリカの子どもビジネスがどのような問題を抱えているか、理解できる一冊。

少子高齢社会の未来をデザインする

関東学院大学経済学部の天野恵美子准教授は、子どもと高齢者の消費生活に興味を抱き、研究を進めている。

研究のきっかけは、秋田大学の教育文化学部に着任したことにあると天野氏は話す。教員を志す学生にマーケティングに興味を持ってもらうにはどうしたら良いかを考え、子どもを対象にしたマーケティングに注目。さらに、秋田県は人口減少率・高齢化率が日本一高い県であったため、高齢者に着目した研究が始まった。元々は海外市場における日本企業のマーケティングに関する研究を行っていた天野氏だが …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

研究室訪問 の記事一覧

海外の現状を見据え、日本のマーケティングのあり方を考える(この記事です)
消費者の購買行動を分析しマーケティング戦略に生かす
何のために経営理念を浸透させるのか
データドリブンマーケティングを実現させる、人工知能可能性
強いがゆえの呪縛を解き、リブランディングを実現するには?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する