広告マーケティングの専門メディア

研究室訪問

消費者の購買行動を分析しマーケティング戦略に生かす

千葉大学 法政経学部 佐藤栄作 教授

店舗選択から商品選択まで消費者行動のプロセスを探る

「マーケティング・モデル 第2版(Rで学ぶデータサイエンス13)」
里村 卓也 (著) 共立出版

基本的なマーケティング・モデルを取り上げ、初心者にもわかりやすいよう丁寧に解説がされているため、学生をはじめ実務家にも読みやすい。実際に分析を行う際のチュートリアルとしても活用できる一冊。

千葉大学 法政経学部の佐藤栄作教授の研究領域は、マーケティングサイエンス。その中でも、消費者の購買行動プロセスのモデル化が研究対象だ。統計モデルや確率モデルを活用し、消費者が店舗選択をしてから商品選択するまでのプロセス解析のための方法論を20年にわたり研究している。

例えば、消費者が日常的に買い物へ行く際、複数の店舗の中から特定の店舗を選択し、そしてその店舗で何を買おうか考え、買い物が進んでいく。そのプロセスを、ポイントカードなどのID-POSデータを用いて分析を行っているのだ。

「ID-POSデータを用いて把握される消費者の買い物行動と …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

研究室訪問 の記事一覧

消費者の購買行動を分析しマーケティング戦略に生かす(この記事です)
何のために経営理念を浸透させるのか
データドリブンマーケティングを実現させる、人工知能可能性
強いがゆえの呪縛を解き、リブランディングを実現するには?
クリエイティブなものを生み出す「プロデューサーシップ」と「職域侵犯」
魅力的な街をデザインする「プレイスブランディング」の発想

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する