広告マーケティングの専門メディア

研究室訪問

データドリブンマーケティングを実現させる、人工知能可能性

明治大学 理工学部 情報科学科 髙木友博教授

「マーケティングの数理モデル(経営科学のニューフロンティア)」
出版社:朝倉書店
編集:岡太彬訓、守口剛、木島正明

「販売実績データを実務上の意思決定に役立てるために方法論の確立が求められている。本書は実務と研究の双方の領域で重要な数理モデルの基本的な解説を行っている」(髙木氏)。

人工知能のサポートで人の仕事の精度が上がる

人工知能の研究はコンピュータに人間の論理的な考え方を真似させることからスタートした。その後、Webが出現しビッグデータの時代になると、人工知能研究は理論からデータドリブンに移り、SiriやWatsonのように膨大な情報から回答を見つけさせるやり方が主流になる。そして現在...

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

研究室訪問 の記事一覧

データドリブンマーケティングを実現させる、人工知能可能性(この記事です)
強いがゆえの呪縛を解き、リブランディングを実現するには?
クリエイティブなものを生み出す「プロデューサーシップ」と「職域侵犯」
魅力的な街をデザインする「プレイスブランディング」の発想
企業のブランド価値を高める―消費者の共感の構造を分析
マーケター経験を生かした研究で実務現場の「死角」に挑む

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する