広告マーケティングの専門メディア

研究室訪問

強いがゆえの呪縛を解き、リブランディングを実現するには?

大竹光寿(明治学院大学)

「消費者理解のための定性的マーケティング・リサーチ」著者:ラッセル・ベルク、 アイリーン・フィッシャー、ロバート・V・コジネッツ 翻訳:松井剛定性データ収集の課題や、数値、写真、動画といった具体的なデータの使い方を説明した1冊。「この領域のスーパースターとも言える3人による共著、読み応えのある本」(大竹氏)。

ブランドのメカニズム解明に挑む

コモディティ化した市場環境では、多くの企業が改めてブランドの重要性を認識し、その構築に力を入れている。

しかしながら、明治学院大学の大竹光寿准教授は「強いブランドであるがゆえの悩みもある」と言う。その悩みとは、ブランドイメージの枠を飛び出し、変革を起こすような面白い取り組みをしにくくなることだ。

強いブランドほど、社会から思われているであろうイメージに自分たちの行動も縛られてしまう。そのイメージでの成功体験が強いほど ...

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

研究室訪問 の記事一覧

強いがゆえの呪縛を解き、リブランディングを実現するには?(この記事です)
クリエイティブなものを生み出す「プロデューサーシップ」と「職域侵犯」
魅力的な街をデザインする「プレイスブランディング」の発想
企業のブランド価値を高める―消費者の共感の構造を分析
マーケター経験を生かした研究で実務現場の「死角」に挑む
小売りのバイイング・パワーに消費財メーカーはいかに対応すべきか?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する