広告マーケティングの専門メディア

           

宣伝会議サミット2016

宇多田ヒカルのマーケティング戦略に迫る-ユニバーサル ミュージック

ユニバーサル ミュージック

音楽業界全体が危機感を抱いている

私は宇多田ヒカルをデビュー前から宣伝面でサポートしています。代表作は、国内外で1000万枚売れ、1999年に日本記録を樹立したアルバム『First Love』や、当時800万DLという世界記録を達成した『Flaver Of Life』です。

昨今、マーケティングを行う上で顕著に感じるのは、ガラケー世代とスマホネイティブ世代のコミュニケーションの違いです。CDをコレクションし、マスメディア上の情報を信頼しているガラケー世代に対し、スマホネイティブ世代はインターネットにアクセスして音楽を聴き、多くの人にシェアされた情報を信用します。また …

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議サミット2016 の記事一覧

宇多田ヒカルのマーケティング戦略に迫る-ユニバーサル ミュージック(この記事です)
宣伝と広報の軸を融合-ハナマルキのストック型プロモーション戦略
成熟市場の中で話題と共感を創り上げる-モンデリーズ・ジャパンの戦略とは
改革と挑戦がブランドの未来を創る-旭酒造×スープストックトーキョー対談

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する