広告マーケティングの専門メディア

東海マーケット攻略法

定番・堅実・本物志向――名古屋で愛される企業の秘密

キリンビールマーケティング×パルコ名古屋店

複数世帯率が高い、人口の流出入が少ないといった特徴で語られる名古屋エリア。
企業のマーケティング・コミュニケーションの視点から見ると、どんな特徴・可能性があるのか。
異なる業種・業態から、同じエリアに挑む担当者が意見を交わした。

旦尾一展氏、谷川理氏

左から、キリンビールマーケティング中部圏統括本部営業企画部の旦尾一展氏、パルコ名古屋店営業課の谷川理氏。

キリンビールマーケティング 旦尾一展氏=以下、旦尾
パルコ名古屋店営業課 谷川理氏=以下、谷川

――名古屋ならではの特徴的な部分を教えてください。

谷川 パルコは、全国で19店舗を展開しています。名古屋店は約340のショップが入居しており、2番目に多い池袋店の倍以上の数を誇ります。ファッションアパレルが中心ではありますが、映画館やフィットネスクラブ、ギャラリーなどもあり、1日楽しめるようになっています。

旦尾 名古屋を中心とした東海エリアは、おかげさまで多くのファンの方から支持いただいています。理由は複数挙げられると思いますが、このエリアは定番・堅実・本物志向の意識が強い方が多いといわれることと関係していると思います。実際にカテゴリー別で全国と比較すると、発泡酒や新ジャンルよりもビールの構成比が高い。さらにビールでも「一番搾り」より「ラガービール」の販売構成比が高くなっています。瓶ビールが売れるのも特徴です。

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

東海マーケット攻略法 の記事一覧

3カ月で新規スポンサー21社獲得、最重要課題は若年層の開拓
東海地方に根付く「ものづくり」精神を、広告界にも積極的に取り入れたい
ママが主役のイベントに10万人来場、名古屋の集客力のポテンシャル
定番・堅実・本物志向――名古屋で愛される企業の秘密(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する