広告マーケティングの専門メディア

東海マーケット攻略法

ママが主役のイベントに10万人来場、名古屋の集客力のポテンシャル

編集部レポート

116_04.jpg

「ものづくり」が盛んな東海エリア。産業特性を受けてか、消費傾向も本物志向・堅実といった特徴がみられると言われる。そんな東海エリアでマーケティング・コミュニケーション活動を推進している企業の担当者やメディアの責任者に、これまでの経験を基に、このマーケットならではの取り組みのポイントを聞いた。2027年には、リニア中央新幹線が名古屋~東京間で開通することから、首都圏を中心に遠方からのアクセスも多くなることが予測される。それに向けて、同エリアの魅力を最大化し、それを効果的に伝えるための新スポットの建設や各分野のプロジェクトも進行している。広告界においても、年に1度の全日本広告連盟全国大会が、来年には39年ぶりに名古屋で開催の予定。地元はもちろん、全国からの注目も高まりつつある同エリアのポテンシャルに迫る。

"ママ"が主役のイベントに10万人が来場

HAPPY MAMA FESTA~with よしもとママPROJECT「ママと!」~

(主催:中日新聞、テレビ愛知、ナゴヤドーム)

116_02.jpg
 

3月15日から3日間にわたり、ナゴヤドームで開催された、「ママ」が主役のイベント。2013年から「ママの笑顔を増やすプロジェクト」を推進している共催の日本財団や、よしもとクリエイティブエージェンシーとの連携のもと、「『ママ』×『企業』×『社会』が共に成長し、共感できる場づくり」をコンセプトに実施した同イベントは、今回が初開催。約10万人の来場があった。子どもが主役のイベントは多いが、ママが中心のイベントでこれほどの動員があったイベントは全国でも数少ない。

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

東海マーケット攻略法 の記事一覧

3カ月で新規スポンサー21社獲得、最重要課題は若年層の開拓
東海地方に根付く「ものづくり」精神を、広告界にも積極的に取り入れたい
ママが主役のイベントに10万人来場、名古屋の集客力のポテンシャル(この記事です)
定番・堅実・本物志向――名古屋で愛される企業の秘密

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する