日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

大学広報最前線

公式ウェブサイト、SNS、メルマガを駆使して「青学ファン」づくりに奮闘

青山学院大学

強化している広報ツール、広報体制などを各大学の広報担当者に直撃。研究機関としての魅力、SDGsや地域社会への貢献、動画を活用した入試広報など、大学広報の今に迫ります。





DATA
創立年 1949年青山学院大学、1874年青山学院
学生数 1万9242人
所在地 東京都渋谷区(青山キャンパス)、神奈川県相模原市中央区(相模原キャンパス)
広報体制 6人(ウェブマスター2人、SNS 3人、コンテンツ制作5人、広告2人、ニュース作成2人、取材対応2人 ※兼任あり)

政策・企画部
大学広報課
石黒 樹氏

青山学院大学では、2018年に大学のブランディングとロイヤリティー向上を目的として、大学広報課を設置。入学広報と役割を区別しました。中長期計画として、①ウェブサイト充実による大学の取り組みの発信、②SNSやメルマガによるPUSH型アプローチ、の2つを掲げ、これらを遂行する上で、共感型広報やステークホルダー別のアプローチ、「人」を通して本学の良さを伝えていくことなどを心掛けています。2021年に公式ウェブサイト機能を大幅拡充。従来、学部など組織別に運営していた主要20サイトのうち、16サイトを統合するなどユーザビリティを改善し、運営を効率化しました。結果...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

大学広報最前線 の記事一覧

公式ウェブサイト、SNS、メルマガを駆使して「青学ファン」づくりに奮闘(この記事です)
学生や教職員が主体の「ファンマーケティング」で広報からのブランディングを目指す
クリエイティブなコンテンツで金沢大学の「未来知」を発信する
敷居が高いイメージを一新する活動でオープンキャンパス動員数が大幅アップ
東京工芸大学、100周年を機に「大学史」でブランド力強化へ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する