日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

大学広報最前線

学生や教職員が主体の「ファンマーケティング」で広報からのブランディングを目指す

戸板女子短期大学

強化している広報ツール、広報体制などを各大学の広報担当者に直撃。研究機関としての魅力、SDGsや地域社会への貢献、動画を活用した入試広報など、大学広報の今に迫ります。

戸板女子短期大学 DATA
創立年 1902年
学生数 約1000人
所在地 東京都港区芝
広報体制 5人/取材・プレスリリース原稿担当1人、ウェブサイト担当2人、SNS担当2人、クリエイティブ担当1人(兼務あり)

入試・広報部部長
澁谷太輔氏

中規模な都市型短大の戸板女子短期大学では、10年ほど前、入学者不足に苦しんだ経緯があります。広報予算は潤沢ではなく、人的リソースも限られる中、高校生に志願してもらうにはどうすればいいのか。悩んだ結果、一般企業で行われているマーケティングやブランディングの手法を取り入れ、高校生に選ばれる大学づくりを行いました。

高校生にとって一番魅力的な広報コンテンツは、学生。そこで「学生ライター」の仕組みを2020年から導入しました...

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

大学広報最前線 の記事一覧

学生や教職員が主体の「ファンマーケティング」で広報からのブランディングを目指す(この記事です)
クリエイティブなコンテンツで金沢大学の「未来知」を発信する
敷居が高いイメージを一新する活動でオープンキャンパス動員数が大幅アップ
新学長就任を機にスローガンを作成 学生目線で佐賀女子短期大の「今」を発信
東京工芸大学、100周年を機に「大学史」でブランド力強化へ
若手職員中心でリブランディング 京都橘大学

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する